各生薬・漢方薬の効能

沈香(じんこう)の効果効能|東洋医学の生薬・ハーブ・薬草・食薬

沈香(じんこう)の効果効能

東洋医学で使われる生薬の紹介をしています。副作用や組み合わせによる注意点などがある場合があります。すべての情報を網羅しているわけではありませんので、使用の際は必ず専門知識のある人に相談してください。

目次

  1. 沈香のデータ
  2. 沈香の特徴
  3. 沈香の使い方



沈香のデータ

名前 沈香(じんこう)、伽羅(きゃら)など
英語 Agarwood
ラテン名 Aquilariae Resinatum Lignum
科名 ジンチョウゲ科:Thymelaeaceae
学名
  • Aquilaria agallocha Roxburgh
  • Aquilaria crasna Pierre
  • Aquilaria malaccensis Lamarck
  • Aquilaria sinensis Gilg
  • Aquilaria filaria Merrill
使用部位 材(特に辺材の材質中に黒色の樹脂が沈着したもの)
成分 精油(ベンジルアセトン、p-メトキシベンジルアセトン、ヒドロケイヒ酸、p-メトキシケイヒ酸)など
四気 温性
五味 辛、苦
帰経(臓腑弁証
気血水弁証 気滞
効能分類 理気薬

その他の沈香に関する記事をチェック: #アガーウッド

沈香の特徴

※図や表以外で、東洋医学の言葉は全て[ ]の中に表しています。例えば、[心]は東洋医学での[心](しん)を表し、普通に心と書いてある場合は、通常の「こころ」を表しているとお考え下さい。そして[ ]内の言葉はまとめて東洋医学の言葉一覧のページで意味を調べられます。

特徴

伽羅(きゃら)とも呼ばれ、お香では希少価値の高い原料として有名です。

東洋医学の効能

上がり過ぎた[気]を下げ、胃腸系を温め、機能を高めます。

適応症

突き上げるような喘息発作、嘔吐、胃や腹の膨満感、[腎陽虚]の冷えによる腰や膝の痛み・精力減退、[大腸]の[気]の不足による便秘、神経性尿道炎、神経性の頻尿など

沈香の使い方

ブレンド例

胃腸を温め、上げり過ぎた[気]を下げます。

沈香+縮砂

[気]を巡らせ、[経絡]の[気]の流れを活性化します。

沈香+木香

『漢方294処方生薬解説』より




次はこれを要チェック

東洋医学の基本 東洋医学の応用 ハーブの効果効能一覧 食材別ドーシャへの影響