各生薬・漢方薬の効能

防已(ぼうい)の効果効能|東洋医学の生薬・ハーブ・薬草・食薬

防已(ぼうい)の効果効能

東洋医学で使われる生薬の紹介をしています。副作用や組み合わせによる注意点などがある場合があります。すべての情報を網羅しているわけではありませんので、使用の際は必ず専門知識のある人に相談してください。

目次

  1. 防已のデータ
  2. 防已の特徴
  3. 防已の使い方



防已のデータ

名前 防已(ぼうい)、木防已(もくぼうい)など
英語 Sinomenium Stem and Rhizome
ラテン名 Sinomeni Caulis et Rhizoma
学名 Sinomenium acutum Rehder et Wilson
使用部位 つる性の茎と根茎を通例横切りしたもの
成分 アルカロイド(シノメニン、ジシノメニン、シナクチン、ツヅラニン、マグノフロリン)、ステロールなど
四気 寒性
五味 苦、辛
帰経(臓腑弁証 膀胱
気血水弁証 水滞
効能分類 利水薬

その他の防已に関する記事をチェック: #ボウイ

防已の特徴

※図や表以外で、東洋医学の言葉は全て[ ]の中に表しています。例えば、[心]は東洋医学での[心](しん)を表し、普通に心と書いてある場合は、通常の「こころ」を表しているとお考え下さい。そして[ ]内の言葉はまとめて東洋医学の言葉一覧のページで意味を調べられます。

特徴

オオツヅラフジの茎と根茎を使用しています。つる性の植物は手足の経絡の滞りを改善する場合が多いですが、防已もそのような作用があります。

東洋医学の効能

利水作用

体表の[湿]を除いて、むくみ、倦怠感を治します。水太りの解消にも使用されます。

鎮痛作用

[風湿邪]を除き、体表の[湿]の滞りによって起こる筋肉痛、関節炎、神経痛などを治します。特に下半身やひざに作用するとされています。

適応症

[水腫]、[湿熱]による脚気、手足のけいれん痛、湿疹、できものなど

防已の使い方

ブレンド例

体表の[衛気]を補い、[湿]を除いて利尿し、むくみを除きます。寝汗を治します。

防已+桂皮

[風湿]の[邪]を除き、しびれ・痛み・麻痺を治します。

防已+防風

『漢方294処方生薬解説』より

処方例

配合されている漢方薬の一例です。

疎経活血湯 理血剤
独活湯 祛風剤
防已黄耆湯 祛湿剤
防已茯苓湯 祛湿剤
木防已湯 祛湿剤




次はこれを要チェック

東洋医学の基本 東洋医学の応用 ハーブの効果効能一覧 食材別ドーシャへの影響