各生薬・漢方薬の効能

貝母(ばいも)の効果効能|東洋医学の生薬・ハーブ・薬草・食薬

貝母(ばいも)の効果効能

東洋医学で使われる生薬の紹介をしています。副作用や組み合わせによる注意点などがある場合があります。すべての情報を網羅しているわけではありませんので、使用の際は必ず専門知識のある人に相談してください。

目次

  1. 貝母のデータ
  2. 貝母の特徴
  3. 貝母の使い方



貝母のデータ

名前 貝母(ばいも)、浙貝母(せつばいも)など
英語 Fritillaria Bulb
ラテン名 Fritillariae Bulbus
学名 Fritillaria verticillata Willdenow var. thunbergii Baker
使用部位 りん茎
成分 ステロイドアルカロイド(バーチシン、バーチシノン、バーチシリン、フリチラリン)、アルカロイド配糖体(ペイミノシド)、ジテルペン類など
四気 寒性
五味 大苦
帰経(臓腑弁証 三焦
気血水弁証 水滞
効能分類 鎮咳去痰薬

その他の貝母に関する記事をチェック: #ユリ

貝母の特徴

※図や表以外で、東洋医学の言葉は全て[ ]の中に表しています。例えば、[心]は東洋医学での[心](しん)を表し、普通に心と書いてある場合は、通常の「こころ」を表しているとお考え下さい。そして[ ]内の言葉はまとめて東洋医学の言葉一覧のページで意味を調べられます。

特徴

アミガサユリのりん茎を使用しています。中国では浙貝母(せつばいも)と近縁種の川貝母(せんばいも)と区別して用いられていますが、日本では貝母というと浙貝母(せつばいも)を使用します。

東洋医学の効能

鎮咳・去痰

熱を冷ます作用があるため、熱性のせきを抑え、去痰します。

[痰]を散らして排除する

凝り固まった[痰]を除去する作用に優れています。そのため、局所の化膿性炎症の初期、リンパ節の腫れ、腫瘤などに用いられます。また、化膿性の腫れもので崩れないものに対して使用し、炎症を抑えます。

適応症

頸部リンパ節結核、できもの、[肺]の化膿性疾患によって咽喉がふさがる、[風熱]によるせきなど

貝母の使い方

ブレンド例

咳き込んで呼吸困難、痰の多い症状を治します。

貝母+杏仁

妊婦のリンパ節炎により、尿が出にくい症状を治します。

貝母+当帰

『漢方294処方生薬解説』より

処方例

配合されている漢方薬の一例です。

滋陰至宝湯 補陰剤
清肺湯 清熱剤
当帰貝母苦参丸 理血剤




次はこれを要チェック

東洋医学の基本 東洋医学の応用 ハーブの効果効能一覧 食材別ドーシャへの影響