各生薬・漢方薬の効能

蘇木(そぼく)の効果効能|東洋医学の生薬・ハーブ・薬草・食薬

蘇木(そぼく)の効果効能

東洋医学で使われる生薬の紹介をしています。副作用や組み合わせによる注意点などがある場合があります。すべての情報を網羅しているわけではありませんので、使用の際は必ず専門知識のある人に相談してください。

目次

  1. 蘇木のデータ
  2. 蘇木の特徴
  3. 蘇木の使い方



蘇木のデータ

名前 蘇木(そぼく)、蘇方木(すほうぼく)、蘇芳(すおう)など
英語 Sappanwood
ラテン名 Sappan Lignum
学名 Caesalpinia sappan Linné
使用部位 心材
成分 ブラジリン、精油(フェランドレン、オシメン)など
四気 平性
五味 甘、鹹
帰経(臓腑弁証
気血水弁証 瘀血
効能分類 理血薬

その他の蘇木に関する記事をチェック: #ソボク

蘇木の特徴

※図や表以外で、東洋医学の言葉は全て[ ]の中に表しています。例えば、[心]は東洋医学での[心](しん)を表し、普通に心と書いてある場合は、通常の「こころ」を表しているとお考え下さい。そして[ ]内の言葉はまとめて東洋医学の言葉一覧のページで意味を調べられます。

特徴

基原の植物はスオウとも呼ばれ、古くから赤色の染料として使われてきました。紫がかった赤色は蘇芳色(すおういろ)と呼ばれ、高貴な色とされていました。

東洋医学の効能

外傷の[瘀血]を除く

外傷の[瘀血]を除き、痛みや腫れを治すことに優れています。外傷、打撲傷、皮膚化膿症などに使用されます。外用としても使われます。胸腹部の痛みにも効果的です。

婦人科系の不調に

[瘀血]による月経痛、無月経などに使われます。

適応症

婦人科系の不調による腹痛、月経閉止、産後の[瘀血]による腹部の張りと痛み、喘息、下痢、破傷風、化膿性の腫れもの、打撲充血による痛みなど

注意事項

妊娠中は使用しない

蘇木の使い方

ブレンド例

[血熱]を除き、炎症を鎮めます。また、便通を良くします。

蘇木+大黄

打撲による[瘀血]や、[瘀血]による婦人科系の不調を治します。

蘇木+当帰

『漢方294処方生薬解説』より

処方例

配合されている漢方薬の一例です。

通導散 理血剤




次はこれを要チェック

東洋医学の基本 東洋医学の応用 ハーブの効果効能一覧 食材別ドーシャへの影響