各生薬・漢方薬の効能

川骨(せんこつ)の効果効能|東洋医学の生薬・ハーブ・薬草・食薬

川骨(せんこつ)の効果効能

東洋医学で使われる生薬の紹介をしています。副作用や組み合わせによる注意点などがある場合があります。すべての情報を網羅しているわけではありませんので、使用の際は必ず専門知識のある人に相談してください。

目次

  1. 川骨のデータ
  2. 川骨の特徴
  3. 川骨の使い方



川骨のデータ

名前 川骨(せんこつ)
英語 Nuphar Rhizome
ラテン名 Nupharis Rhizoma
学名 Nuphar japonicum De Candolle
使用部位 根茎を縦割したもの
成分 アルカロイド(ヌファリジン、ヌファラミン)、タンニン(ガロタンニン、エラグタンニン)など
四気 寒性
五味
気血水弁証 水滞瘀血
効能分類 理血薬

その他の川骨に関する記事をチェック: #スイレン

川骨の特徴

※図や表以外で、東洋医学の言葉は全て[ ]の中に表しています。例えば、[心]は東洋医学での[心](しん)を表し、普通に心と書いてある場合は、通常の「こころ」を表しているとお考え下さい。そして[ ]内の言葉はまとめて東洋医学の言葉一覧のページで意味を調べられます。

特徴

コウホネという植物の根茎を使用しています。浅い泥水に自生しています。水生植物に多くみられる利水作用が川骨にもあります。日本独自の生薬です。

東洋医学の効能

[理血]・止血・止痛

体表、体内の[瘀血]を除き、止血・鎮痛するのが特徴です。そのため、打撲、捻挫、外傷に使われます。出血を止めて、血管外に出た血液を吸収し、血行を良くします。そしてつぶれた組織を除き修復するとされています。婦人科系の不調にも有効で、産前・産後の[瘀血]を強力に取り除きます。

利水作用

外傷による患部の腫れを軽減します。

その他

[虚]を補い、胃を健康にします。

適応症

病後の衰弱、消化不良、月経不順、捻挫、打撲、外傷など

川骨の使い方

ブレンド例

打撲による鬱血を除き、痛みを治します。

川骨+川芎

『漢方294処方生薬解説』より

処方例

配合されている漢方薬の一例です。

治打撲一方 理血剤




次はこれを要チェック

東洋医学の基本 東洋医学の応用 ハーブの効果効能一覧 食材別ドーシャへの影響