各生薬・漢方薬の効能

升麻(しょうま)の効果効能|東洋医学の生薬・ハーブ・薬草・食薬

升麻(しょうま)の効果効能

東洋医学で使われる生薬の紹介をしています。副作用や組み合わせによる注意点などがある場合があります。すべての情報を網羅しているわけではありませんので、使用の際は必ず専門知識のある人に相談してください。

目次

  1. 升麻のデータ
  2. 升麻の特徴
  3. 升麻の使い方



升麻のデータ

名前 升麻(しょうま)、関升麻(かんしょうま)、北升麻(ほくしょうま)、西升麻(せいしょうま)など
英語 Cimicifuga Rhizome
ラテン名 Cimicifugae rhizoma
学名
  • Cimicifuga simplex Turczaninow
  • Cimicifuga dahurica Maximmowicz
  • Cimicifuga foetida Linné
  • Cimicifuga heracleifolia Komarov
使用部位 根茎
成分 トリテルペノイド(シミゲノール、メチルシミゲノール)とその配糖体、クロモン誘導体など
四気 微寒性
五味 甘、辛、微苦
帰経(臓腑弁証
効能分類 辛涼解表

その他の升麻に関する記事をチェック: #ブラックコホシュ

升麻の特徴

※図や表以外で、東洋医学の言葉は全て[ ]の中に表しています。例えば、[心]は東洋医学での[心](しん)を表し、普通に心と書いてある場合は、通常の「こころ」を表しているとお考え下さい。そして[ ]内の言葉はまとめて東洋医学の言葉一覧のページで意味を調べられます。

特徴

サラシナショウマと呼ばれる植物とその近縁種の根茎を使用します。

東洋医学の効能

炎症を抑える

升麻は、体表よりやや深い部分の炎症を冷ますことが特徴です。歯肉、のど、中耳、副鼻腔などの炎症を抑えます。[気]を上に持ち上げる作用があるので、頭部の炎症にも効果的です。

[透疹](とうしん)作用

はしかやじんましんなどの初期に用いて、発汗と共に発疹を促して、体内の毒素を排出します。

持ち上げる作用

[気]が足りずに、内臓が定位置に保てずに下へ下がってしまう場合に、[陽気]を巡らせて、上へ持ち上げる働きがあります。脱肛、子宮下垂、下痢、倦怠感など特に[下焦]が下がった状態に効果的です。

適応症

急性の伝染病、頭痛、発熱、のどの痛み、[不透]、熱を持った化膿性の腫れもの、[気虚]による下痢、脱肛、おりものが長引く、子宮下垂など

升麻の使い方

ブレンド例

[風湿]の邪を除いて、歯痛を止めます。

升麻+細辛

発汗解表作用によって、鼻の通りを良くします。

升麻+辛夷

『漢方294処方生薬解説』より

処方例

配合されている漢方薬の一例です。

乙字湯 清熱剤
升麻葛根湯 解表剤
辛夷清肺湯 清熱剤
補中益気湯 補気剤
立効散 祛風剤




次はこれを要チェック

東洋医学の基本 東洋医学の応用 ハーブの効果効能一覧 食材別ドーシャへの影響