各生薬・漢方薬の効能

荊芥(けいがい)の効果効能|東洋医学の生薬・ハーブ・薬草・食薬

荊芥(けいがい)の効果効能

東洋医学で使われる生薬の紹介をしています。副作用や組み合わせによる注意点などがある場合があります。すべての情報を網羅しているわけではありませんので、使用の際は必ず専門知識のある人に相談してください。

目次

  1. 荊芥のデータ
  2. 荊芥の特徴
  3. 荊芥の使い方



荊芥のデータ

名前 荊芥(けいがい)、荊芥穂(けいがいほ)など
英語 Schizonepeta Spike
ラテン名 Schizonepetae spica
学名 Schizonepeta tenuifolia Briquet
使用部位 花穂
成分 精油(d-メントン、ℓ-プレゴン)、モノテルペン配糖体、フラボン配糖体など
四気 温性
五味
帰経(臓腑弁証
効能分類 辛温解表薬

その他の荊芥に関する記事をチェック: #ケイガイ

荊芥の特徴

※図や表以外で、東洋医学の言葉は全て[ ]の中に表しています。例えば、[心]は東洋医学での[心](しん)を表し、普通に心と書いてある場合は、通常の「こころ」を表しているとお考え下さい。そして[ ]内の言葉はまとめて東洋医学の言葉一覧のページで意味を調べられます。

特徴

ケイガイの花穂を使用します。

東洋医学の効能

発汗により[風邪]を除く

発汗によって体表の[風邪]を除き、かぜの症状を治します。作用が穏やかなため、[風熱][風寒]両方の熱性の疾患に使われます。悪寒、発熱、頭痛、鼻づまり、のどの痛み、関節痛などのかぜの症状や、鼻炎、扁桃炎、咽喉炎、結膜炎などの炎症にも用いられます。

[透疹](とうしん)作用

できものや蕁麻疹などの初期に用いて、発疹を促し、体内の毒素の排出をします。

止血作用

鼻血、痔の出血、下血などの出血症状を治します。

適応症

かぜによる発熱、頭痛、化膿性の腫れもの、のどの痛み、顔面神経麻痺、吐血、鼻血、血便、不正子宮出血、産後のめまい、湿疹など

荊芥の使い方

ブレンド例

熱を伴うかぜの初期に見られる、頭痛・発熱・のどの痛みや渇き、鼻炎を治します。

荊芥+薄荷

のどの痛みを治します。

荊芥+牛蒡子

『漢方294処方生薬解説』より

処方例

配合されている漢方薬の一例です。

駆風解毒湯 清熱剤
川芎茶調散 祛風剤
荊芥連翹湯 清熱剤
荊防敗毒散 解表剤
五物解毒散 清熱剤
十味敗毒湯 清熱剤
消風散 祛風剤
清上防風湯 祛風剤
治頭瘡一方 祛風剤
当帰飲子 祛風剤
防風通聖散 表裏双解剤




次はこれを要チェック

東洋医学の基本 東洋医学の応用 ハーブの効果効能一覧 食材別ドーシャへの影響