ヴァータの性質・働きを理解する|アーユルヴェーダのドーシャ

アーユルヴェーダの基本概念であるドーシャとは何か?について話してきました。ヴァータ、ピッタ、カパという3つの種類があるドーシャの中の、ヴァータの基本的性質、根本的な働きの説明をここではしていきます。人の体質に当てはめたヴァータタイプの特徴については下記を参照ください。

v

ヴァータ(Vata)の由来


Vataという言葉は、サンスクリット語の”va gathi gandhanayo“が由来です。gathiはmovement(動き)という意味で、五大元素の風や空と似た概念です。ヴァータは全ての生命現象の先導者で、動かす力をもっています。

性質


五大元素

風+空

Movement & Activation

一番基本的なヴァータの性質は「動かす」エネルギーです。活性化をさせたりもします。例えば、血液を動かしているのはヴァータのエネルギーです。そのため、動性の性質があり、動かすための軽く、早い性質があります。いつも動いている風のように乾燥していて、不規則です。このようなイメージが根本にあります。

6つの基本的な特徴

6つのメインとなる特徴はこちらです。

 / Rooksha
 / Laghu
 / Sheetha
/  Khara
微細 / Sookshma
 / Chala

その他にもこのような特徴があります。

速い
透明の 
分散的な 
不規則な 
刺激的な

生理的な特徴

神経から脳へ、体の組織から組織、細胞から細胞への伝達ネットワークの動きを司ります。

知覚・伝達・反応
血液の循環
排泄
呼吸
心の動き
筋肉や組織の動き
まばたき
心臓の動き
全ての拡張・収縮の動き
感情

対応する体の場所

基本的には全てに浸透していますが、特別に関わりがある部位があります。中心となる場所は大腸(と結腸)です。基本的にはおへそより下、肛門までがヴァータのエリアです。

直腸
大腸
膀胱
骨盤

骨髄


腰 

ヴァータが支配する時間|Vata Kaala

ヴァータは様々な期間の終わりに対応します。

消化の最後
夜(一日の最後)
老年期(人生の後半)

心の性質

創造性
情熱
自由
寛大
喜び
活力


次はこれを要チェック

ピッタとカパの性質は下記へ

アーユルヴェーダの基本や、日常生活への応用のまとめは下記へ

ayurveda0 ayurveda1

自分がどのドーシャかを診断したい場合は下記をチェックしてみてください。

check_dosha

各3つのドーシャを私たちの体質に当てはめたの詳細は下記です。

v p k

スポンサーリンク


コメントを残す