タラゴンの育て方・栽培方法|自家菜園で育てる無農薬のハーブ

タラゴンの育て方・栽培方法

タラゴンにはロシアン種とフレンチ種の2種類があります。フレンチ種の方が香りが強めです。ロシアン種の方が栽培が簡単です。

目次

  1. タラゴンの特徴
  2. タラゴンの育て方基本
  3. 毎日のケアとポイント
  4. 一年のスケジュールとポイント
  5. 病害虫と天然素材の対策
  6. タラゴンの使い方



タラゴンの特徴

名前 タラゴン、フレンチタラゴン、エストラゴン
英語名 Tarragon
学名 Artemisia dracunculus
科名 キク科
分類 多年草
耐寒性 耐寒性
草丈 50-100cm
原産地 シベリア
出まわり時期  4-6, 9-10月
使える部分 葉・茎
殖やし方 挿し木、株分け

その他のタラゴンの記事をチェックする:#タラゴン

タラゴンの育て方基本

適した場所

日当たり、風通し、水はけのよい場所で育てます。高温に弱いので、夏は風通しのいい、日陰や半日陰に移します。高温多湿に弱いです。

日当たり 日当たりのよい場所。
風通し 風通しのいい場所。
水はけ 水はけがよい場所。
気温 10~25℃以上
肥料 肥料はあまり与えなくてよい。

ハーブの土の種類 肥料の種類と基本 ハーブの寄せ植え

いいものを選ぶコツ

種を購入する場合はロシアン種、苗を購入する場合はフレンチ種の場合が多いです。基本のいい苗の選び方は下記を参照ください。

いい苗の選び方

毎日のケア

水やり

やや乾燥気味を好むので、水のやりすぎに注意します。土の表面が乾いたら、水をたっぷり与えます。

ワンポイント

多湿にならないように、込み合った部分を随時カットします。梅雨は雨が当たらない場所に移します。冬前に株元を腐葉土などで覆って冬越しします。

剪定、水やり、株分け、挿し木等、ガーデニングの基本となる手入れや殖やし方については下記を参照ください。

ハーブの手入れ方法 ハーブの殖やし方

1年のスケジュールと育て方のポイント

schedule_tarragon

種まきのポイント

市販のタラゴンの種は、ロシアン種の場合が多いです。点まきし、適宜間引きます。

挿し木のポイント

挿し芽で簡単に育ちます。春か秋に、10cm程芽をカットし、下葉を取り、水揚げします。その後土に挿すと、2,3週間で発根します。

植え付けのポイント

地植えの場合は株間を20~30cmとり植えつけます。

剪定のポイント

多湿に弱いので、通気性を保てるように、込み合った部分や枯れた葉を随時カットします。

収穫のポイント

風味が落ちやすいので、使用する直前に収穫します。枝をカットする場合は、株が弱らないよう、株元10cm程残しておきます。

植え替えのポイント

株が弱ってくるため、1,2年に一度植え替えを行います。

害虫と天然素材を使った対策

病害虫の心配は殆どありません。それでも病害虫に困ったら、無農薬・天然にこだわった害虫対策の詳細をご覧ください。

天然の害虫対策

タラゴンの使い方

タラゴンは古くからフランスり料理に欠かせないハーブです。ドレッシングやソース類、調味料に使ったり、乳製品との相性がいいです。ハーブティーで飲むと、疲労回復や食欲増進にいいと言われています。

ハーブのレシピ

次はこれを要チェック

各ハーブの育て方 多肉植物の育て方一覧

ハーブの効能についてもっと知りたい場合は下記へ!

ハーブの効果効能一覧

精油、キャリアオイル、フローラルウォーターの情報も豊富です。

精油の作用一覧 植物油脂の種類一覧 フローラルウォーター一覧

スポンサーリンク





参考文献を見る

コメントを残す