五大元素|アーユルヴェーダの基本概念

5elements

アーユルヴェーダと五大元素

アーユルヴェーダの基本的概念の中に、五大元素というものがあります。すべてのものはこの五大元素から成り立っていると考えられています。ここでは五大元素の特徴を詳しく説明していきます。五大元素が生まれるまでアーユルヴェーダの根本的な考え方は下のリンクを参照してください。

ayurveda5
 






 

五大元素の概念のはじまり

五大元素とは、「空、風、火、土、地」の5つで、物質の状態や性質を表します。互いに影響をし合い、あらゆるものの中に様々な割合で存在します。この5元素理論を、パンチャマハーブータ(パンチャマハブータ)とも言います。

宇宙の始まりは、オームと呼ばれる微細な振動と言われています。そこからが生じ、それに動性が加わりになります。それに激性(熱)が加わりが生じ、更に重性が加わりへ、それに暗性が加わりになります。五大元素はあらゆるものと関連しています。物質、心など、目に見えるものも見えないものも、全てはこの五大元素からなります。

 

五大元素と関連するもの

五大元素と物質の5つの状態

五大元素は、あらゆるものの基であるので、物質の5つの状態にも対応します。

エーテル体

ガス

気体

液体

個体

 

五大元素と各器官の結びつき

五大元素

微細元素

感覚

行為

機能

耳(聴覚)

声帯

話す

皮膚(触覚)

つかむ

目(視覚)

動く

舌(味覚)

性器

産む

鼻(嗅覚)

肛門

排出する

 

五大元素と性質

五大元素は、性質を持っていると言われています。性質には、軽い、重いといった相反するものがありますが、決して対立するものではなく、相対的に存在します。

軽・動・ざらざら

熱・軽・鋭・液体

冷・液体・柔・滑らか

重・個体・静

 

20種10対の性質について

性質についてもう少し詳しくお話します。アーユルヴェーダでは、対となる性質を一組として、自分は今どの性質が強くて何が弱いのか?を分かることが大切と考えます。バランスが崩れすぎた場合は、同じ性質のものは強め合い、反対の性質のものは弱め合う原理を使って整えていきます。人や物質の性質は、20種類、10対あると考えられています。これらは前述したように五大元素の特徴に分類することができます。

  熱

すべすべ

ざらざら

 鋭

不粘

滑らか

粗い

個体

液体

 

五大元素と3つのドーシャ

3つのドーシャはそれぞれ、ヴァータ、ピッタ、カパと呼ばれています。五大元素の中の、2つの元素を組み合わせた性質を持っています。そしてとくに太字(左側)になっている元素が強く働いています。

ヴァータ ・空
ピッタ ・水
カパ ・地

ドーシャについての詳細は下記をご覧ください。

dosha

 

 

 

次はこれを要チェック

アーユルヴェーダの基本や、日常生活への応用のまとめは下記へ

ayurveda0 ayurveda1

 

 

スポンサーリンク



 

 


©Depositphotos.com/Subbotina

コメントを残す