紺の意味、心理効果、イメージを解説!|ファッションの深層心理も

royalblue

紺|藍|ロイヤルブルー|Royal Blue

私たちは色に囲まれて毎日過ごしています。ものを買うとき、洋服を選ぶときなど、色を選択する場面は日常生活に沢山あります。直観で選ぶ色は、その度にあなたの奥にある心理を表現してくれています。ここでは紺の深層心理を様々な方向から解説しています。

目次

  1. 紺の特徴
  2. 【性格】紺の深層心理
  3. 【ファッション】紺のファッションがもたらす心理効果
  4. 【アロマ】紺が好きな人におすすめ!関連するアロマの香り

 






 

紺の特徴

キーワード:神秘、直感、権威

紺は夜空の色や夜の海を思わせます。第6感や直感に関わる場所です。神秘的なものや直観、権威とも関わります。

紺に対応する要素

チャクラ 第6チャクラ(ブラウチャクラ)
色の特徴 混色: 補色:ゴールド
アロマ クラリセージペパーミントローレルなど
星座 山羊座
パワーストーン ラスピラズリ、ソーダライト、アンジェライトなど

 

【性格】紺の深層心理

色を見て直観的に感じる感情は、私たちの深層心理をよく表しています。好き、嫌い、何かを思い出す、何かいい感情(もしくは悪い感情)が出てくる・・・など人によって様々です。日によっても全く印象が変わる場合があります。それは私たち自身もが常に変化しているので当たり前です。ここでは色の特徴の説明と共に、今紺が好きな人はどんな傾向があるかを紹介していきます。

colortest

夜空の色

紺は夜空の色です。昼間は明るい色ですが、夜になると濃紺になり、それは宇宙、神秘を連想させます。紺が好きな人は洞察力を高め深く物事を見て、感じることができる人です。また、未知なる宇宙から、畏敬の念を起させます。ロイヤルブルーの人はミステリアスで何でも理想化する傾向や、困難に直面した場合、自分の世界に引きこもる傾向があります。しかし、宇宙の法則はいつも私たちの見方であることを知り、自分を信じることができれば、いい方向にエネルギーを導いてくれます。

権威や頑固さ

紫と青の混色である紺は、青の特徴でもある権威とも関わりがあります。大空は常に上から私たちを取り囲み、年上や上の立場の人、男性、父親(もしくは父親の性質をもった母親)などと同じ、権威を象徴します。それらへの困難に直面する場合、その心はよそよそしさや孤立、引きこもりにつながる場合があります。しかし、自分の中の権威を認められれば、自分以外の何かに恐れることはなくなります。

第6チャクラ

チャクラの観点からみると、紺が対応するチャクラは眉間のあたりの第6チャクラです。ここは第3の目とも言われ、第6感や直感に関わる場所です。目に見えないものを感じることで、物事を見通す力を備えた人でもあります。紺が気になる時、第6チャクラの課題について無意識に何かを感じている場合があります。今の自分に必要なことであることは間違いありません。チャクラの意味をチェックして、行動パターンや思考パターンを思い返してみたり、自分の体調にあらためて向き合ってみるのもいいかもしれません。

chakra6 チャクラ

 

【ファッション】紺のファッションがもたらす心理効果

 royalblue-fashion

ファッションは人のイメージをとても左右するものです。そのため好きなファッションカラーは、こうなりたい、こうしたい、といった深層心理が大きく影響します。また、ファッションカラーは同時に、人に与える印象でもあります。そのため、意識的にある色の小物や洋服を取り入れれば、印象を変化させたり、自分のバランスを取ることに応用することができます。ここでは紺のファッションが好きな人の深層心理と、紺が及ぼす心理効果を仕事とプライベートに分けて紹介しています。

fashioncolor

紺のファッションが好きな人

好きなファッションカラーからは、今の自分にとって必要で、引き出したいと無意識に思っていることや、こう思われたいという部分が現れます。紺のファッションが好きな人は、直観や感覚と関わりがあります。論理的に考えるだけでなく直観力が必要だったり、その直観力によって判断していく必要があります。冷静に知覚する力や、物事の本質を見る力が必要なときかもしれません。

仕事編

洞察力を高める

紺の深みがある色のように、物事のより深い表面には現れていない部分を見ることをサポートします。

権威を認める

上司や目上の人といった権威的なものに対して、問題がある場合、それを認める手助けをしてくれます。

プライベート編

五感を使う

紺は感覚器官を敏感にしてくれます。そして、その感覚によって、周りにある様々なことに対して喜びを敏感に感じられるようになります。

深い瞑想をする

夜空の色でもある紺は、空のもっと先からのメッセージを受け取る手助けをしてくれます。心を穏やかに、静かなひと時を過ごすのにいい色です。

 

【アロマ】紺が好きな人におすすめ

色とそれに対応する香りは同じ特徴をもちます。そのため、好きな色に合う香りを選ぶと、自然と自分の深層心理をサポートしてくれる香りの効果が期待できます。香りは部屋の芳香浴や香水、アロママッサージなど様々な方法で取り入れられるので、是非試してみてください。

紺に対応する精油

クラリセージペパーミントローレル

紺は直観力や5感に密接に関わります。クラリセージ、ペパーミント、ローレルは全て直観力を研ぎ澄ませ、5感を敏感にさせます。そして、自分の生きる道に明晰性を与えてくれます。

 

精油と色の関係の詳細とアロマの手作りレシピの詳細は下記へ。アロマのレシピをキャンドルやその他のレシピに応用したい場合にチェックしてみてください。

essenntialoilcolor 手づくりレシピ

 

 

 

次はこれを要チェック

basicscolor colors

 

 

スポンサーリンク



 

 


@Depositphotos.com/ vencav, Kuzmafoto

 

コメントを残す