リンデンの効果効能|ハーブティー・メディカルハーブ・スパイス事典

リンデンの効果効能

目次

  1. キーワード&データ
  2. 特徴
  3. 有効成分
  4. 注意事項・禁忌
  5. リンデンの使い方

 






 

キーワード&データ

キーワード:心身のリラックス、デトックスに

名前 リンデン、ライム、linden
和名 セイヨウボダイジュ(西洋菩提樹)、セイヨウシナノキ(西洋科の木)
学名・読み方 Tilia europaea [ティリア・エウロパエア]
科名 アオイ科
使用部位 花・苞・木
ジェンダー 男性
惑星 木星
四大元素
チャクラ 第4チャクラ

関連記事まとめ:#リンデン

 

特徴

ヨーロッパが原産の高木です。樹高は40m程になります。鎮静効果が高いハーブです。作用が穏やかなので、子供からお年寄りまで安心して使用できます。リンデンの木の部分を使用したものをリンデンウッド、花・苞を使用したものをリンデンフラワーと言い、2種類あります。リンデンの木は「1000の用途」があると言われるほど様々に利用されています。リンデンはライムとも呼ばれますが、柑橘のライムとは異なります。

スピリチュアルなストーリー

リンデンは、ローマ神話では女神ヴィーナス、インドではクリシュナ神の妻、ラーダと結びつけられていました。ヨーロッパでは守護の木としてよく使われます。また、持ち歩くことで幸運を引き寄せてくれると言われていました。

感情面にもたらす効果

リンデンは、ハートを開く効果があります。第3チャクラの個人の欲求や条件付きの愛といった感情から、第4チャクラのより大きな人類愛や無償の愛へと感情を導いてくれます。また、受け取ることより与えることが多くて疲れてしまっている人にも向いています。傷つけられてトラウマを持っている人に、他人を受け入れるスペースを与えてくれます。

リンデンの効果効能

リンデンフラワー

リンデンフラワーは特に癒しの効果に優れます。精神的な緊張・不安・イライラを取り除いてくれます。その場合はオレンジフラワーとのブレンドが有名です。また、発汗、利尿作用に優れ、風邪、インフルエンザ、高血圧、上気道カタル、不眠などに用いられます。

作用

  • 神経緊張緩和作用
  • 利尿作用
  • 発汗作用
  • 収れん作用
  • 鎮静作用
  • 鎮痙作用
  • 保湿作用

適応

  • 風邪
  • 上気道カタル
  • 高血圧
  • 不安
  • 不眠
  • 動脈硬化

 

リンデンウッド

リンデンウッドはより利尿作用に優れ、体内の水分や老廃物を排出してくれます。むくみの緩和やデトックスに最適です。また、肝臓の機能を高めたり、コレステロールを減少させてくれる働きもあります。

作用

  • 利尿作用
  • 浄化作用
  • 収れん作用

適応

  • むくみ
  • 高コレステロール
  • デトックス

effects

 

有効成分

フラボノイド配糖体(ルチン、ヒペロシド、ティリロシド)、粘液質(アラビノガラクタン)、タンニン、フェノール酸(カフェ酸、クロロゲン酸)、精油など

 

注意事項・禁忌

通常の使用の範囲では安心して使えるハーブです。妊娠中・授乳中の使用に関しては、問題は確認されていないものの、最終的な安全性は確立されていません。アレルギー反応が起こる可能性があります。

 

安全性クラス : 1(適切に使用する場合、安全に摂取することができるハーブ)
相互作用クラス: A(臨床的に関連のある相互作用が予測されないハーブ)

『メディカルハーブ安全性ブック第2版』

 

リンデンの使い方

ティーの飲み方

リンデンフラワー

大さじ1をお湯に入れ、5分蒸らす。

リンデンウッド

小さじ1をお湯に入れ、5分蒸らす。

ハーブティー入れ方

 

症状別ハーブの使い方

安眠のハーブブレンド

リンデン、カモミールジャーマン

symptom

 

おすすめの使い方

ハーブティー、スキンケア、ホームケア、バス

herds_advanced1

 

 

 

次はこれを要チェック

herbsgardening  essentialoils vegetableoils floralwater

 

 

スポンサーリンク



 

 


注意点&免責事項:ここに掲載されている内容は、植物の治療や薬としての有効性を保証するものではありません。日々進化していく全ての情報を網羅しきれていない場合もございます。事故やトラブルに関してこのサイトは責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご利用ください。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談してください。
参考文献をみる
@Depositphotos.com/ BalaguR

コメントを残す