ピッタの特徴|アーユルヴェーダのドーシャ

P

ピッタタイプ|Pitta Type

アーユルヴェーダの健康法では、体質を診断し、その体質に合った施術やアドバイスを行います。体質はドーシャと言われ、大きく分けるとヴァータ(V)、ピッタ(P)、カパ(K) の3種類。また、複合型であるヴァータ・ピッタ(VP)、 ヴァータ・カパ(VK)、ピッタ・ヴァータ(PV)、ピッタ・カパ(PK)、カパ・ヴァータ(KV)、カパ・ピッタ(KP)、ヴァータ・ピッタ・カパ(VPK・トリドーシャ) を含めると10種類の体質があります。(2種複合型の場合は、最初にくるドーシャが強くなります。)まず、自分の体質を診断したい場合、ドーシャの基本について知りたい場合は下記を参照ください。

check_dosha dosha

目次

  1. ピッタタイプの特徴
  2. ピッタの複合型
  3. ピッタタイプと日常生活のワンポイント
  4. ピッタタイプとアロマ
  5. ピッタタイプと食事法

 






 

ピッタタイプの特徴

全ての人は、3つのドーシャの特徴を持ち合わせているので、ピッタタイプの人だからといって、全てがピッタの特徴に当てはまる訳ではありません。しかし、多くの部分の特徴を持ち合わせています。

外見:中肉中背

ピッタ人の外見は、中肉中背で、スタイルがいい人が多いです。簡単に体重を増やしたり減らしたりできます。関節が柔軟な人が多いです。肌は柔らかくキメが細かく、脂性肌の傾向があります。白い、もしくは黄色や褐色系の肌の色をしていて日焼けをしやすい肌質です。髪質は柔らかく細いです。明るい髪色の人が多く、若ハゲや若白髪の場合があります。目、鼻、口などは大きくも小さくもなく、均衡が取れています。指がきれいで、爪はピンク色です。

体質:暑がり、健康

夏や暑さに弱いです。汗をかきやすく、喉が乾きやすいです。食欲は旺盛です。睡眠に関しては熟睡しやすく、短時間でも大丈夫です。睡眠中は情熱的でカラフルな夢を見ます。肌に関しては、そばかす、ほくろ、ニキビができやすい傾向があります。不調は、発熱や炎症系、感染病などの症状として現れやすいです。湿疹や蕁麻疹も出やすく、目が充血しやすいです。便は柔らかく緩めです。1日何度もする人が多く、便秘にはなりにくいです。脈は強く規則的です。

性格:野心、集中力、知性、勇気

野心家で、自信があり、強い信念を持っています。自分の目的を達成させるために強い集中力を発揮できます。情熱的で、勇敢、機転が利き、リーダーシップに優れます。話や行動に無駄がありません。知的な面もあり、情報収集が得意で、価値ある情報を素早く得て利用できます。優れた記憶力も持ちます。特に自分の目的に役立つものに対しての記憶です。行動力は適度にあります。攻撃的な性格から、競争することを好みます。ストレスなどによってバランスを崩すと、いらいら、怒り、嫉妬といった感情が生まれやすいです。短気で批判的になり、完全主義になります。話し方はきびきびしていて、明確、時には毒舌で皮肉を言います。お金の使い方は節度をわきまえていて、几帳面です。見た目を重視し、高級品を好む傾向があります。

 

ピッタタイプの特徴まとめ

<キーワード>中、鋭い、素早い、エネルギッシュ etc

体格 中肉中背
脂性肌、柔らかい、白い、黄色い、褐色、艶がある、温かい、日焼けしやすい
細い、柔らかい、しっとり、若ハゲ・若白髪、金色、赤色
普通の大きさ、水色、灰色、輝いている
普通の大きさ
普通の大きさ
均整が取れている
輪郭 ハート型、尖った顎
食欲 旺盛
動き 中程度
性格 情熱的、知性、リーダーシップ、自信
体質 暑さに弱い
記憶力 鋭い
睡眠 短い、熟睡
話し方 鋭い、批判的
信念 狂信的
精神 強い集中力で目標達成に尽くす

 

ピッタの複合型

もしドーシャの診断の総合結果で、2つ以上のドーシャが当てはまったら、この複合型もチェックしてみてください。2つのドーシャが当てはまる人でも、どちらかがやや強い傾向にあり、それによって若干の体質の違いがあります。

ピッタ・ヴァータ(PV)

PVタイプは、ピッタとヴァータの差が殆どないですが、ややピッタが優勢のタイプです。ヴァータのページで紹介しているヴァータ・ピッタタイプよりもピッタが強いので、中肉中背でより筋肉質な体をしています。体力があります。ピッタの強い消化力を持ち合わせ、排泄も規則的です。食欲旺盛で記憶力もよく、話し方もピッタの質を持ち合わせます。独断的なピッタの性質とヴァータの社交的な面両方を持ちます。ストレスになると、不安定になり、緊張し、怒りや恐怖といった感情が現れやすくなります。

ピッタ・カパ(PK)

PKタイプは、ピッタとカパの差が殆どないですが、ややピッタが優勢のタイプです。このタイプはピッタの激しく強い性質と、カパの強健な体を持ち合わせています。カパタイプより更に筋肉質で大きいです。それに加えてカパの忍耐力とピッタの競争心を持ち合わせるので、運動選手に向いています。性格は安定していますが、ピッタの怒りっぽさや批判っぽいところがあります。

ヴァータ・ピッタ・カパ(VPK、トリドーシャ)

3つのドーシャが等しいタイプをトリドーシャと言います。このタイプは、稀にしかいないと言われています。とてもいいバランスのため、バランスをキープできればとても健康で長生きする場合が多いです。しかし、一度バランスを崩すと、治療が難しいタイプでもあります。3つのドーシャの特徴を少しずつバランスよく持ち合わせています。

 

ピッタタイプと日常生活のワンポイント

運動

どのドーシャかによって適する運動が異なります。ピッタタイプの人は、何かに挑戦することが好きなので、達成感を得られるような運動が向いています。しかし、勝ち負けにこだわるので、競争心をあおるようなものは、かえってピッタを増加させてしまうので避けます。自分一人で行える、登山や散歩、ジョギング、水泳などがいいです。運動量は少なすぎず、多すぎず中程度にします。

入浴

ピッタタイプの人は、体に熱を溜めやすい体質です。そのため、熱いお風呂やサウナは向きません。夏は特に冷たいシャワーを浴びることで気分を落ち着かせることができます。

睡眠

ピッタタイプの人は、寝つきがよく、寝起きはすっきり起きられる人が多いです。睡眠時間は6-8時間が理想的ですが、短くても大丈夫なタイプです。暑いときは、寝る前に冷たいシャワーを浴びると、質の良い睡眠につながります。

色はドーシャと強いつながりがあります。よく使うものや、洋服などに取り入れることで、ドーシャのバランスをとる手助けをしてくれます。ピッタタイプの人は、基本的には緑、青、紫といった中間色と寒色系が向いています。ピッタを鎮めてくれます。できれば赤や黒を避け、淡い色や青系を選ぶようにします。ドーシャと色に関しての詳細は下記へ

dosha_color

パワーストーン

パワーストーンもドーシャのバランスをとる手助けをしてくれます。ピッタを鎮める代表的なパワーストーンは、アメジストや真珠などです。これらはピッタの人の精神的なバランスをとってくれます。

季節・時間・年齢

ドーシャは自分自身の体質とは別に、季節や時間、年齢といった自分の体質以外からも影響されています。ピッタの季節は夏、ピッタの時間は10:00-14:00、22:00-02:00、ピッタの年齢は15~60歳です。ピッタタイプの人が更に外部からピッタの影響を受けると、より不調が出やすくなるので注意します。季節・時間・年齢のドーシャについては下記へ

dosha_time

占星術

ドーシャは占星術とも関連しています。自分が生まれた時、大切な節目の時期、今の時期など、色々な観点から惑星と星座の位置をみると、その時自分に与えるドーシャの影響が分かります。太陽・火星・水星はピッタの傾向を強めます。星座は、火の質を持つ牡羊座獅子座射手座がピッタの傾向を強めます。

基本

 

ピッタタイプとアロマ

アロマセラピーの精油は、アーユルヴェーダのドーシャの不調に用いることができます。マッサージや芳香浴をはじめ、アロマセラピーではお馴染みの様々な手作りレシピに応用できます。基本的には、ピッタタイプは熱性で湿った性質を持つので、精油は冷性で乾燥性のものがお勧めです。また、香りの性質が甘・渋・苦で、鎮静作用のある香りも向きます。ピッタタイプにいい精油の一例は、カモミール・ジャーマンカモミール・ローマンラベンダークラリセージなどです。ピッタタイプにおすすめの精油、キャリアオイル、それらを使ったレシピなどをより詳しく見るには下記へ。

p_aroma

 

ピッタタイプと食事法

アーユルヴェーダでは食事をとても重要視しています。ドーシャによって、理想の食材や食べ方が異なります。ピッタタイプの人におすすめの食事法の詳細は下記へ。

p_food food

 

 

 

次はこれを要チェック

v k

アーユルヴェーダの基本や、日常生活への応用のまとめは下記へ

ayurveda0 ayurveda1

 

 

スポンサーリンク



 

 


参考文献を見る
@Depositphotos.com/wyoosumran

コメントを残す