カレンデュラ の効果効能|ハーブティー・メディカルハーブ・スパイス事典

Calendula

カレンデュラの効果効能

目次

  1. キーワード&データ
  2. 特徴
  3. 有効成分
  4. 注意事項・禁忌
  5. カレンデュラの使い方
  6. 和ハーブとしての使い方

 






 

キーワード&データ

キーワード:皮膚のトラブルに

名前 カレンデュラ、ポットマリーゴールド、calendula、marigold
和名 キンセンカ(金盞花)
学名・読み方 Calendula officinalis [カレンドゥラ・オフィキナリス]
科名 キク科
使用部位
ジェンダー 男性
惑星 太陽
四大元素

関連記事まとめ: #カレンデュラ

 

特徴

学名である Calendulaは、ラテン語の「月初めの日」を意味するKalendaeが語源と言われています。この言葉はカレンダーの語源でもあります。開花期が1カ月ということもあり、女性の月経周期とも関連付けられ、伝統的に月経不順の薬としても用いられてきました。ヨーロッパでは「貧者のサフラン」と呼ばれたり、花が朝咲き夕方に閉じることから「太陽のハーブ」とも呼ばれています。

スピリチュアルなストーリー

カレンデュラには守護の力があると信じられていて、カレンデュラで作られた花冠を玄関につるすと悪いエネルギーから守ってくれると言われていました。また、ベッドの下にまくと、予知夢を見るとも言われていました。カルペパーはカレンデュラを太陽が支配し、獅子座のもとにあるとしました。内服すると心臓を強化すると述べています。強力な排出作用から、天然痘や麻疹にも効果があるとしていました。

感情面にもたらす効果

カレンデュラは、感情を鎮静させてくれるハーブです。神経質で怖がり、誰かに守ってもらいたいと思うような人に向いています。ショック、トラウマ、怒りなどの強い感情をやわらげてくれます。頭痛として現れる短気や不寛容、無謀さなどにも効果的です。とげとげしさをやわらげてくれるようなハーブです。

カレンデュラの効果効能

カレンデュラは、皮膚や粘膜の修復に優れたハーブです。そのため肌の炎症、火傷などの肌のトラブル全般や、胃潰瘍や黄胆にも使われてきました。また、抗菌、抗真菌、抗ウイルス作用、抗寄生虫作用にも優れます。そのため、白癬やヘルペスにも効果的です。外用・内用として浸出油やチンキ剤にされることが多いです。

作用

  • 皮膚・粘液の修復
  • 消炎作用
  • 抗菌作用
  • 抗真菌作用
  • 抗ウイルス作用
  • 抗寄生虫作用
  • 抗遺伝毒性作用

適応

  • 口腔の炎症
  • 皮膚炎
  • 創傷
  • 下腿潰瘍
  • 白癬
  • ヘルペス

effects

 

有効成分

フラボノイド(クエルセチン)、カロチノイド(カロチン、キサントフィル)、フィトステロール(タラキサステロール)、苦味質、多糖類、精油など

 

注意事項・禁忌

通常の使用の範囲では安心して使えるハーブです。妊娠中・授乳中の使用に関しては、問題は確認されていないものの、最終的な安全性は確立されていません。ごくごく稀ではありますが、アレルギー反応が報告されています。

 

安全性クラス : 1(適切に使用する場合、安全に摂取することができるハーブ)
相互作用クラス: A(臨床的に関連のある相互作用が予測されないハーブ)

『メディカルハーブ安全性ブック第2版』

キク科アレルギーの人は注意
敏感肌の人は注意

『ESCOP Monographs』

 

カレンデュラの使い方

ティーの飲み方

大さじ1をお湯に入れ、7分蒸らす。

ハーブティー入れ方

 

症状別ハーブの使い方

皮膚の消炎

  1. 大さじ1のカレンデュラを500mlの水に加え、しばらく沸騰させる
  2. きれいに濾す
  3. 1日2,3回、1~2時間湿布剤として使用する

『フィトセラピー植物療法事典』

肌の保湿とケアのハーブブレンド

カレンデュラ、カモミールジャーマンリンデン

symptom

 

おすすめの使い方

ハーブティー、スキンケア、ホームケア、ヘアケア、バス、芳香浴、スイーツ、料理、染料

herds_advanced1

 

和ハーブとしての使い方

和名:キンセンカ|金盞花

西洋のメディカルハーブと同じ植物になります。日本へは1800年代に中国を経て渡来しました。染料や飼料として使われたり、体毛を薄くするとしてフェイスクリームにして使われていました。現在でも切り傷、虫刺され、日焼け、水虫、にきび、湿疹などほぼすべての皮膚トラブルに使われます。また、肝臓や胆嚢を整えるので、皮膚障害の元となっている毒素の排出にもいいです。消化器系の炎症や生理痛にもいいとされています。

学名 Calendula officinalis
使用部位
作用 抗菌作用、消炎作用、鎮痛作用、収れん作用、止血作用、駆風作用、健胃作用、解毒作用
適応 感染症、湿疹、皮膚炎、胃腸の不調、生理不順、PMSなど

 

 

 

次はこれを要チェック

herbsgardening  essentialoils vegetableoils floralwater

 

 

スポンサーリンク



 

 


注意点&免責事項:ここに掲載されている内容は、植物の治療や薬としての有効性を保証するものではありません。日々進化していく全ての情報を網羅しきれていない場合もございます。事故やトラブルに関してこのサイトは責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご利用ください。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談してください。
参考文献をみる
@Depositphotos.com/ fanfon

コメントを残す