カレンデュラ の効果効能|ハーブティー・メディカルハーブ・スパイス事典

Calendula

カレンデュラ

目次

  1. キーワード&データ
  2. 植物の特徴
  3. スピリチュアルなストーリー
  4. カレンデュラの効果効能
  5. ハーブティーの飲み方
  6. 症状別ハーブのブレンド
  7. おすすめ使い方

 






 

キーワード&データ

皮膚のトラブルに

 

名前 カレンデュラ、キンセンカ、ポットマリーゴールド、Calendula
学名 Calendula officinalis
科名 キク科
使用部位
注意事項 キク科アレルギーの人は注意
やや苦味も含まった優しい甘い風味
成分 フラボノイド、カロチノイド、フィトステロール等
ジェンダー 男性
惑星 太陽
四大元素

関連記事まとめ: #カレンデュラ

 

特徴

学名である Calendulaは、ラテン語の「月初めの日」を意味する言葉が語源と言われています。地中海地方原産ですが、今では世界中で見られます。日本では観賞用がメインですが、ヨーロッパではメディカルハーブやスイーツの色付け等にもよく使用されています。化粧品やヘアケア製品の原料にもなっています。

 

スピリチュアルなストーリー

カレンデュラには守護の力があると信じられていて、カレンデュラで作られた花冠を玄関につるすと悪いエネルギーから守ってくれると言われています。また、ベッドの下にまくと、予知夢を見るとも言われています。

 

カレンデュラの効果効能

肌のトラブル全般にいいため、浸出油に使われたり、スキンケアに使われたり様々に応用されているハーブです。傷ついた肌や粘膜を修復し保護してくれます。また、抗ウイルス作用や解熱作用、発汗作用は風邪のひきはじめにも効きます。消炎作用は胃炎や胃潰瘍を緩和させます。

体への効能
  • PMSの緩和
  • 更年期症状の緩和
  • 月経不順の改善
  • 月経痛の緩和
  • 口内炎の改善
  • 口膣カンジダ症の改善
  • 発汗作用
  • 解熱作用
  • 消炎作用
  • 抗菌作用
  • 抗真菌作用
  • 抗ウイルス作用
  • 防腐作用
  • 収斂作用
  • ホルモン様作用
肌への効能
  • かゆみ・炎症の改善
  • 保湿作用
  • 日焼け・火傷の改善
  • 粘膜の修復
  • 瘢痕形成作用

effects

 

カレンデュラティーの飲み方

大さじ1をお湯に入れ、7分蒸らす。

ハーブティー入れ方

 

症状別ハーブのブレンド

肌の保湿とケア カモミールジャーマンリンデン
胃もたれに ダンデライオンネトル

symptom

 

おススメ使い方

ハーブティー、スキンケア、ホームケア、ヘアケア、バス、芳香浴、スイーツ、料理

herds_advanced1

 

 

 

次はこれを要チェック

herbs essentialoils vegetableoils floralwater

 

 

スポンサーリンク



 

 


注意点&免責事項:ここに掲載されている内容は、ハーブの治療や薬としての有効性を保証するものではありません。事故やトラブルに関してこのサイトは責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご使用をお願いいたします。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談することをお勧めいたします。
参考文献をみる
画像@ Depositphotos.com/fanfon

コメントを残す