クプアスバターの効果効能|肌のアンチエイジングと保湿に

cupuacu_oil

クプアスバターの効果効能

目次

  1. クプアスバターのデータ
  2. クプアスバターの代表成分
  3. クプアスバターの特徴・効果効能

 






 

クプアスバターのデータ

名前 クプアスバター、Cupuacu Butter、Cupuaçu Butter
学名 Theobroma grandiflorum
科名 アオイ科
使用部位 果実
抽出方法 低温圧搾法
香り カカオに似た香り
クリーム
酸化 酸化しにくい
肌質 乾燥肌、成熟肌
部位 ボディー、フェイス、ヘア
ヨウ素価 47 ※
鹸化価(NaOH) 137.1 ※
鹸化価(KOH) 191.9 ※

※ヨウ素価と鹸化価の値は、下記の成分量をベースに計算した数値です。これらは同じ植物のオイルでも、原料の種類、地域、抽出方法、商品やロットなど様々な条件によって変化する数値なのでお気を付けください。ヨウ素価と鹸化価の一覧と解説は下記をご覧ください。

Saponification Iodinevalue

 

クプアスバターの代表成分

主な脂肪酸

飽和脂肪酸 43.2 %
ミリスチン酸 0.9 %
ステアリン酸 32.7 %
パルミチン酸 9.6 %
一価不飽和脂肪酸 38.7 %
オレイン酸 38.7 %
多価不飽和脂肪酸 3.8 %
リノール酸 3.8 %

※USDA栄養データベースを参照

脂肪酸について、脂肪酸の摂取方法などは下記をご覧ください。

fattyacid3 fattyacid4 omega trans_fattyacid

 

クプアスバターの特徴・効果効能

クプアスバターはクプアスという植物から抽出されます。あまり馴染みの無い植物ですが、アマゾンを中心に生息しています。カカオ属の植物で20m程まで育つ木もあります。ブラジルでは古くから利用されてきました。実は食用として、ジュースやスイーツに利用されています。バターはあらゆるクリーム、化粧水、石けん、ヘアケア商品などの原料となっています。クプアスバターは、アンチエイジングに向きます。保湿力に優れ、肌にハリを持たせるので、弾力がなくシワが気になる成熟肌に利用できます。また、肌を柔らかくし、滑らかにしてくれます。クプアスオイルは、髪にも利用されます。ダメージヘアやドライヘアを保湿し、栄養を与え、健康にしてくれます。

 

 

次はこれを要チェック

vegetableoils classification sanka oilsafety

 

 

スポンサーリンク



 

 


参考文献を見る
©Depositphotos.com/ diogoppr

コメントを残す