ブラックカラントオイル(カシスオイル)の効果効能|珍しい必須脂肪酸の含有量で貴重!

blackcurant-oil1

ブラックカラントオイルの効果効能

目次

  1. ブラックカラントオイルのデータ
  2. ブラックカラントオイルの代表成分
  3. ブラックカラントオイルの特徴・効果効能

 






 

ブラックカラントオイルのデータ

名前 ブラックカラントオイル、ブラックカラントシードオイル、クロスグリ油、カシスオイル、カシス油、Blackcurrant Seed Oil
学名 Ribes nigrum
科名 スグリ科
使用部位 種子
抽出方法 低温圧搾法
香り ほぼ無臭
黄色
酸化 酸化しやすい
肌質 成熟肌、乾燥肌
部位 フェイス、ボディー
注意点 摂取のし過ぎに注意
ヨウ素価 178.4 ※
鹸化価(NaOH) 137.6 ※
鹸化価(KOH) 192.7 ※

※ヨウ素価と鹸化価の値は、下記の成分量をベースに計算した数値です。これらは同じ植物のオイルでも、原料の種類、地域、抽出方法、商品やロットなど様々な条件によって変化する数値なのでお気を付けください。ヨウ素価と鹸化価の一覧と解説は下記をご覧ください。

Saponification Iodinevalue

 

ブラックカラントオイルの代表成分

主な脂肪酸

飽和脂肪酸 9.3 %
ステアリン酸 1.8 %
パルミチン酸 7.5 %
一価不飽和脂肪酸 12.8 %
オレイン酸 12 %
ガドレイン酸 0.8 %
多価不飽和脂肪酸 76 %
リノール酸 44 %
α-リノレン酸 13 %
γ-リノレン酸 15.5 %
ステアドリン酸 3.5 %

※『植物オイルハンドブック』を参照

脂肪酸について、脂肪酸の摂取方法などは下記をご覧ください。

fattyacid3 fattyacid4 omega trans_fattyacid

 

ブラックカラントオイルの特徴・効果効能

別名カシス、クロスグリ

ブラックカラントはカシスやクロスグリとも呼ばれます。ポーランドで多く生産されています。リキュールやお菓子、ジャム、料理など、ブラックカラントの実は様々なところで利用されています。

体にとっても重要なγ-リノレン酸&ステアドリン酸

ブラックカラントオイルの他にはない一番の特徴はγ-リノレン酸とステアドリン酸が豊富なことです。γ-リノレン酸はオメガ6系の脂肪酸で、体内ではリノール酸から生成されます。また、ステアドリン酸はオメガ3系の脂肪酸で、体内ではα-リノレン酸から生成されます。どちらも広義の必須脂肪酸です。これらがなぜ大切かというと、通常はリノール酸やα-リノレン酸から酵素によって分解されて作られますが、直接摂取できればその過程を通らなくてもいいので、より効率的に体内での変換が行われるからです。脂肪酸を分解する酵素は年齢や体調によって減少します。そのため、γ-リノレン酸やステアドリン酸が含まれるこのオイルはとても重要です。詳しくは下記を参照ください。

omega

アンチエイジングに

ブラックカラントオイルはアンチエイジングにも優れます。抗フリーラジカル作用みの優れます。肌の老化、シワ肌、乾燥肌にとてもいいです。保湿作用、滋養作用もあります。

 

 

次はこれを要チェック

vegetableoils classification sanka oilsafety

 

 

スポンサーリンク



 

 


参考文献を見る
©Depositphotos.com/ timolina

コメントを残す