ペカンナッツオイルの効果効能|不飽和脂肪酸が90%以上!

pecannuts-oil

ペカンナッツオイルの効果効能

目次

  1. ペカンナッツオイルのデータ
  2. ペカンナッツオイルの代表成分
  3. ペカンナッツオイルの特徴・効果効能

 






 

ペカンナッツオイルのデータ

名前 ペカンナッツオイル、Pecan Nut Oil
学名 Caryocar nuciferum
科名 クルミ科
使用部位 種子
抽出方法 低温圧搾法
黄色
酸化 酸化しにくい
ヨウ素価 113.5 ※
鹸化価(NaOH) 137 ※
鹸化価(KOH) 191.7 ※

※ヨウ素価と鹸化価の値は、下記の成分量をベースに計算した数値です。これらは同じ植物のオイルでも、原料の種類、地域、抽出方法、商品やロットなど様々な条件によって変化する数値なのでお気を付けください。ヨウ素価と鹸化価の一覧と解説は下記をご覧ください。

Saponification Iodinevalue

 

ペカンナッツオイルの代表成分

主な脂肪酸

飽和脂肪酸 9.3 %
ステアリン酸 2.2 %
パルミチン酸 7.1 %
一価不飽和脂肪酸 52 %
オレイン酸 52 %
多価不飽和脂肪酸 38.1 %
リノール酸 36.6 %
リノレン酸 1.5 %

※1を参照

脂肪酸について、脂肪酸の摂取方法などは下記をご覧ください。

fattyacid3 fattyacid4 omega trans_fattyacid

 

ペカンナッツオイルの特徴・効果効能

ペカンの木はクルミ科の植物で、原産はアメリカです。メキシコやオーストラリアなど、広い地域に生息しています。高さは50m程にもなるとても大きな木です。ペカンナッツには70%程の油分が含まれています。ビタミンE, B、亜鉛が豊富です。また、殆どが不飽和脂肪酸で、コレステロールを下げる働きがあります。ペカンナッツオイルは発煙点が高いため、加熱調理にも向いているとして売られています。クセがあまりなく、料理に使いやすいこともあり、日常のオイルの代替品に向きます。加熱に向かないという文献もあるので、利用の際は使う商品の性質をよくチェックしてください。

 

 

次はこれを要チェック

vegetableoils classification sanka oilsafety

 

 

スポンサーリンク



 

 


※1: J. F. Toro-Vazquez et al. Fatty acid composition and its relationship with physicochemical properties of pecan (Carya illinoensis) oil. 1999
参考文献を見る
©Depositphotos.com/ GooDween

コメントを残す