メドウフォームオイルの効果効能|珍しい成分が豊富!皮脂の調整やニキビに

meadowfoarm-oil

メドウフォームオイルの効果効能

目次

  1. メドウフォームオイルのデータ
  2. メドウフォームオイルの代表成分
  3. メドウフォームオイルの特徴・効果効能

 

 

スポンサーリンク



 

 

メドウフォームオイルのデータ

名前 メドウフォームオイル、メドウフォームシードオイル、Meadowfoam Oil、Meadowfoam Seed Oil
学名 Limnanthes alba
科名 リムナンテス科
使用部位 種子
抽出方法 低温圧搾法
黄色
酸化 酸化しにくい
浸透力 浸透しやすい
肌質 脂性肌、乾燥肌
部位 フェイス、ボディー
ヨウ素価 92.6 (90-105) ※
鹸化価(NaOH) 121.4 ※
鹸化価(KOH) 170 ※

※ヨウ素価と鹸化価の値は、下記の成分量をベースに計算した数値です。カッコ内の数字は、一般的に言われている数値の範囲です。これらは同じ植物のオイルでも、原料の種類、地域、抽出方法、商品やロットなど様々な条件によって変化する数値なのでお気を付けください。ヨウ素価と鹸化価の一覧と解説は下記をご覧ください。

Saponification Iodinevalue

 

メドウフォームオイルの代表成分

主な脂肪酸

飽和脂肪酸 1 %
ステアリン酸 0.5 %
パルミチン酸 0.5 %
一価不飽和脂肪酸 77.25 %
イコセン酸 62.5 %
パルミトレイン酸 0.25 %
オレイン酸 2 %
エルカ酸 12.5 %
多価不飽和脂肪酸 21 %
リノール酸 2 %
ドコサジエン酸 19 %

※『キャリアオイル事典』を参照

脂肪酸について、脂肪酸の摂取方法などは下記をご覧ください。

fattyacid3 fattyacid4 omega trans_fattyacid

 

メドウフォームオイルの特徴・効果効能

アメリカ原産

メドウフォームは北アメリカが原産の、一年草の植物です。オイルは2,3mmの種子から抽出されます。種子の25~30%が油分になります。

長鎖脂肪酸が豊富

98%以上が炭素原子鎖20以上の長鎖脂肪酸からできている、とても珍しいオイルです。肌を保湿し、若返り等に貢献します。肌と表皮に栄養を与えてくれます。

イコセン酸が60%以上を占める珍しいオイル

イコセン酸が沢山含まれるオイルは少なく、他にはホホバオイル(約70%)が挙げられます。イコセン酸の作用についてはまだわかっていない事も多いです。特徴としては毛穴を詰まらせることなく肌に吸収されます。そして皮脂を調整してくれます。

ドコサジエン酸が含まれる珍しいオイル

メドウフォームオイルにはドコサジエン酸が含まれます。19%も含まれているものは他にはありません。体内のコレステロールと中性脂肪を減少させ、血圧を下げる働きがあります。

安定している

メドウフォームオイルは、α, β, γ-トコフェロールを豊富に含み、とても安定しているオイルです。

 

 

 

 

次はこれを要チェック

vegetableoils classification sanka oilsafety

 

 

スポンサーリンク



 

 


参考文献を見る
©Depositphotos.com/ Kassandra2

コメントを残す