アルニカオイルの効果効能|筋肉痛や頭皮のケアに

arnica-oil

アルニカオイルの効果効能

目次

  1. アルニカオイルのデータ
  2. アルニカオイルの特徴
  3. アルニカオイルの効果効能
  4. アルニカオイルの使い方

 






 

アルニカオイルのデータ

名前 アルニカオイル, Arnica Oil
学名 Arnica montana
科名 キク科
使用部位
抽出方法 浸出法
黄色
ブレンド 刺激が強いので、ほかのオイルで希釈して利用してもよい
部位 ボディー、ヘア
代表成分 チモール、ヘレナリン、フラボノイド、クマリンなど
注意点 妊娠中は避ける、傷がある場所への使用は避ける、刺激が強い、キク科アレルギーの人は気を付ける、食用としては使用しない、アレルギーを発症する可能性がある、不整脈を引きおこす可能性がある
ヨウ素価
鹸化価(NaOH)
鹸化価(KOH)

※このオイルは浸出油なので、ヨウ素価と鹸化価の値は、ベースとなるオイルによって異なります。これらの数値は同じ植物からとれたオイルでも、原料の種類、地域、抽出方法、商品やロットなど様々な条件によって変化する数値なのでお気を付けください。ヨウ素価と鹸化価の一覧と解説は下記をご覧ください。

Saponification Iodinevalue

 

アルニカオイルの特徴

ヨーロッパで古くから薬草として利用

アルニカオイルは、強い薬効を持つため、古くから薬草やホメオパシーとしてヨーロッパで利用されてきました。ヨーロッパやシベリアが原産の、デイジーに似た黄色い花です。

使い方に注意

アルニカオイルは強い薬効があると同時に、それは副作用になる場合もあるので注意が必要です。毒性のある成分も含まれます。食用としては使用しないこと、傷口に直接使用しないこと、アレルギーがある場合があるのでパッチテストを行うこと、妊娠中は使用しないこと等が挙げられます。刺激が強いので、連続して使用することも避けてください。場合によっては不整脈を引き起こす可能性もあります。利用する場合は、各商品の注意点をご確認ください。

 

アルニカオイルの効果効能

抗炎症作用、鎮痛作用など

筋肉痛や炎症に

アルニカオイルは、痛みや炎症を抑える作用があります。筋肉痛や関節炎などを緩和させます。アスリートのマッサージや、老化で生じる関節痛などに利用できます。

肌を健康に保つ

アルニカオイルは、刺激が強い成分が多いので、特に顔への使用は注意が必要です。もし合うようであれば、炎症を緩和させてくれます。打撲のような怪我にも利用できます。肌を再生させ、滑らかにさせてくれます。ストレッチマークの緩和にもいいです。

髪と頭皮の健康に

アルニカオイルは髪と頭皮の健康にもいいです。ヘアケア商品の原料としても使われています。フケや抜け毛、白髪といった悩みに向きます。頭皮の環境を健康に保たせるので、髪の老化対策に向いています。

 

アルニカオイルの使い方

マッサージオイルとして

アルニカオイルはボディーのマッサージオイルとして利用するのが最適です。ストレッチマーク、筋肉痛や関節痛、炎症、打撲などに有効です。傷口は避け、連続しての利用は避けてください。

頭皮マッサージに

頭皮環境を健康にするアルニカオイルは、頭皮マッサージにも向きます。少量を頭皮にもみ込むようにマッサージをしてください。この場合も傷がある場合は避け、連続では使用しないでください。

 

 

 

次はこれを要チェック

vegetableoils classification sanka oilsafety

 

 

スポンサーリンク



 

 


参考文献を見る
©Depositphotos.com/ marcociannarel

コメントを残す