立春|二十四節気と七十二候

立春 りっしゅん 二十四節気の立春は、旧暦では一年の始まりです。初めて春の兆しが現われてくる時期です。新暦では2/4頃になり、旧暦では12月後半から1月前半の日にちになります。 立春を過ぎて初めて吹く南寄りの強い風のこと...

雨水|二十四節気と七十二候

雨水 うすい 二十四節気の雨水は、雪が雨へと変わり、氷が解けだす頃です。昔は農耕を始める目安となる時期でした。新暦では2/18頃にあたります。 旬の食べ物は、春キャベツ、はまぐり、トビウオ、からし菜など。この時期、山の雪...

啓蟄|二十四節気と七十二候

啓蟄 けいちつ 二十四節気の啓蟄は、冬の間土の中にいた虫たちが、動き出す時期です。新暦では3/5頃にあたります。 旬の食べ物は、新玉ねぎ、葉わさび、わらび、さより、さわら、青柳などです。蝶が飛び始め、桃がきれいな季節です...

春分|二十四節気と七十二候

春分 しゅんぶん 二十四節気の春分は、昼夜の長さが同じになる、黄道が0℃になる日です。春のちょうど真ん中にあたります。新暦では3/20頃になります。 春のお彼岸は、春分の日を中心に前後3日間を入れ、合計7日間にあたります...

清明|二十四節気と七十二候

清明 せいめい 二十四節気の清明は、すべてのものが清らかで生き生きとする時期です。花が咲き、蝶が舞い、若葉が生え、生命力に溢れます。新暦では4/5頃になります。 旬の食べ物は、初がつお、ほたるいか、たらのめ、めばる、みつ...

穀雨|二十四節気と七十二候

穀雨 こくう 二十四節気の穀雨は、穀物を潤す、沢山の雨が降る時期です。新暦では4/20頃になります。 この季節の終わりには、夏の始まりを告げる、八十八夜があります。八十八夜は、立春から数えて88日目の夜のこと。また、米と...

立夏|二十四節気と七十二候

立夏 りっか 二十四節気の立夏は夏の始まりです。晴れの日が多く、とても過ごしやすい時期です。新暦では5/5ごろになります。 旧暦には二十四節気や七十二候の他に、雑節や節句、暦注という概念があります。5/5は5節句の中のひ...

小満|二十四節気と七十二候

小満 しょうまん 二十四節気の小満は、あらゆる生命が満ち満ちていく時期です。新暦では5/21頃にあたります。 この頃はきすや車エビ、そら豆、しそ、びわなどが旬の食材です。しじゅうからが卵を産む季節です。旧暦の五月はちょう...

芒種|二十四節気と七十二候

芒種 ぼうしゅ 二十四節気の芒種は、稲などの穂の出る植物の種を蒔く時期です。芒(のぎ)とは、稲の穂先の突起部分です。新暦では6/5頃になります。 この頃は梅雨入りの時期で、入梅(にゅうばい)とも言われます。昔は梅の実が熟...

夏至|二十四節気と七十二候

夏至 げし 二十四節気の夏至は、一年で一番日が長い日です。黄経は90℃で一番高いところを太陽が通ります。新暦では6/21頃になります。 夏至から数えて11日目を半夏生と言います。それは田植えが終わった農家の人たちが休む日...

Pages:1234»