立夏|二十四節気と七十二候

立夏 りっか

二十四節気の立夏は夏の始まりです。晴れの日が多く、とても過ごしやすい時期です。新暦では5/5ごろになります。

旧暦には二十四節気や七十二候の他に、雑節や節句、暦注という概念があります。5/5は5節句の中のひとつ、「端午の節句」です。本来は旧暦の5/5がそれに当たりますが、今は新暦の5/5を端午の節句として、こいのぼりを飾ります。旬の魚介は、あさり、金目鯛、いさきなど。金目鯛は5,6月と冬、あさりは3~5月、9月、いさきは5~8月が旬です。いちごにんじんもこの時期が旬で栄養価がとても高くなっています。の花の開花もこの頃です。




七十二候

初候:蛙始鳴 5/5-9頃

蛙始めて鳴く かえるはじめてなく

水辺で蛙が鳴きはじめる頃。

72_19

次候:蚯蚓出 5/10-14頃

蚯蚓出ずる みみずいずる

冬眠から起きたミミズが土から出てくる時期です。

72_20

末候:竹笋生 5/15-20頃

竹笋生ず たけのこしょうず

竹の子が出てくる時期です。種類によってはもう少し早くから出てきます。

72_21

>>次の季節は小満

<<前の季節は穀雨

次はこれを要チェック

二十四節気と七十二候の仕組みとリストは下記へ

二十四節気と七十二候

旧暦の基本を知りたい場合は下記へ

旧暦の基本

下記は旧暦の二十四節気、七十二候、雑節、月の満ち欠け、月星座を網羅したカレンダーです。

calendar

スポンサーリンク




コメントを残す