幸せを運ぶジューンブライドと結婚のアロマ|精油のブレンドレシピ

ジューンブライドの起源と意味

ジューンブライドとは、「六月の花嫁」。欧米では6月に結婚すると幸せになると伝統的に言われています。色々な説がありますが、その中の一つは、ギリシャ神話に遡ります。




ジューンブライドの言い伝え

結婚の象徴、女神ヘラ

六月(June)をつかさどる神は、ギリシャ神話で結婚と出産を象徴するヘラ(Hera)という女神です。英語ではJuno(ジュノー)といい、Juneの語源です。ラテン語ではユノと発音します。ヘラは有名なゼウス(Zeus)の正妻です。ゼウスは英語でジュピター(Jupiter)、もしくはラテン語読みでユピテルとも言われます。ローマ人は六月一日に、女神ヘラを祝うお祭りをしていました。そういったことから六月の結婚は縁起がいいと言われています。

歴史的に結婚に最適な季節

その他の起源は、昔は6月が長く寒い冬が終わって、新しいはじまりの季節で、結婚にちょうど良かったと言われています。春になると、皆外に出始め、入浴をします。体がきれいになったばかりなので、結婚式にいいタイミングです。結婚式に多く使われる花は、昔は体の体臭を紛らわせるためだったという説もあります。

出産の時期

六月に結婚し、子供ができれば、子供が生まれるのが次の年の春になります。それも、収穫の時期や忙しい時期を避けられて、いい時期と言われていました。

ハネムーンは六月の月

また、夏至が過ぎた初めての月のことをゲルマン民族はhoney moonと言い、結婚後に行くハネムーンと関連付けられる場合があります。ハネムーンの由来はほかにもたくさんありますが・・。

ジューンブライドとアロマ

ネロリ

ジューンブライドにぴったりなアロマは「ネロリ」です。ネロリはビターオレンジの花で、花言葉は「結婚式」や「花嫁の喜び」です。さらに、先ほどのギリシャ神話にも出てくる、ゼウスが、結婚をする際、ヘラにオレンジの花を贈ったと言われています。そこから、オレンジの花は結婚や出産、純潔の象徴とされ、結婚式でブーケや冠にされるようになりました。白い花と、甘く繊細な香りも、花嫁にぴったりです。

ネロリを使ったオーデコロン

古典的に使われてきた、ネロリが主役のオーデコロンのレシピがあります。これはまさにジューンブライドのコンセプトにぴったりなので紹介します。ネロリやラベンダーは心に穏やかさをもたらし、柑橘系のベルガモットやレモンは幸福感や満足感をもたらします。ローズマリーは愛や献身と結びつきがあります。

ingredients

※10ml分

directions

  1. 無水エタノール10mlをボトルに入れる。
  2. 精油を20滴入れ、よく混ぜる。

その他の手作りレシピは下記を参照ください。

香水の作り方 エッセンシャルオイルの使い方一覧

新婚とエッセンシャルオイル

イランイラン

インドネシアでは、イランイランの花びらを新婚のカップルのベッドに敷き詰める風習があります。エッセンシャルオイルには催淫作用があり、心と体に至福をもたらす香りと言われています。孤独感などのネガティブな気持ちを取り除き、喜びを与えてくれます。

イランイランの詳細をみる

ジャスミン

愛を象徴する花として、花嫁のブーケとして古くから使われてきました。エッセンシャルオイルの香りも、愛情に働きかけます。愛や情熱といった感情を目覚めさせて、幸福感を感じられるように導いてくれます。これからさらに愛を育んでいく新婚の二人にぴったりな香りです。

ジャスミンの詳細をみる

ネロリ

ネロリは純潔の象徴です。これも花嫁のブーケとして使われてきました。エッセンシャルオイルの香りは、周りに対して気遣いをしすぎてしまう人に癒しを与えてくれます。慣れない新しい生活に、優美な香りが幸福感やリラックスを感じさせてくれます。

ネロリの詳細をみる

マジョラム

マジョラムの語源は「より長い」を意味するラテン語です。そこから結婚した夫婦の末永い幸福を祈って贈られました。温かみのある香りは、心身にも温かさをもたらします。悲しみ、つらさを静めて、ありのままの自分を受け入れることを助けてくれます。

マジョラムの詳細をみる

マートル

愛と不死の象徴であるマートルは、結婚式の花飾りや花束に使われてきました。香りは純粋さを取り戻させてくれます。今の生活の中に幸福があること、今を楽しむことを思い出させてくれます。

マートルの詳細をみる

エッセンシャルオイルのブレンド

リビングの芳香浴に

リビングは大半を過ごす場所です。お互いを尊重し、愛する気持ちを忘れないでいられる香りです。

directions

アロマポットやアロマランプなど、お好みの芳香浴の方法に、 ゼラニウムイランイランパルマローザを2:1:2の割合でブレンドする。

芳香浴の方法

寝室の芳香浴に

緊張感を緩め、心をリラックスさせ、愛を深める香りです。さらに安眠作用も期待できます。

directions

アロマポットやアロマランプなど、お好みの芳香浴の方法に、ネロリイランイランシダーウッドを同じ割合でブレンドする。

バスタイムの沐浴に

幸福感と愛情を高めてくれる香りです。敏感肌の人は使用にお気を付けください。ベルガモットは光毒性があるので、夜のバスタイムにお使いください。

directions

岩塩大さじ2に対し、ネロリマートルベルガモットを1滴ずつブレンドする。※1回分

沐浴の方法

その他の手づくりレシピは下記を参照ください。

エッセンシャルオイルの使い方一覧

次はこれを要チェック

精油のブレンドレシピ一覧 エッセンシャルオイルの使い方一覧 精油の作用一覧 星座とアロマ 月の満ち欠けとアロマ ハーブのレシピ

スポンサーリンク





注意点&免責事項:アロマセラピーは医療ではありません。ここに掲載されている内容は、精油の効果効能、心身の不調改善を保証するものではありません。事故やトラブルに関してこのサイトは責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご使用をお願いいたします。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談することをお勧めいたします。

コメントを残す