各生薬・漢方薬の効能

山椒(さんしょう)の効果効能|東洋医学の生薬・ハーブ・薬草・食薬

山椒(さんしょう)の効果効能

東洋医学で使われる生薬の紹介をしています。副作用や組み合わせによる注意点などがある場合があります。すべての情報を網羅しているわけではありませんので、使用の際は必ず専門知識のある人に相談してください。

目次

  1. 山椒のデータ
  2. 山椒の特徴
  3. 山椒の使い方



山椒のデータ

名前 山椒(さんしょう)
英語 Japanese Pepper, Japanese Zanthoxylum Peel
ラテン名 Zanthoxyli Piperiti Pericarpium
科名 ミカン科:Rutaceae
学名 Zanthoxylum piperitum De Candolle(サンショウ)
使用部位 成熟した果皮(果皮から分離した種子をできるだけ除いたもの)
成分 精油(シトロネラール、リモネン)、辛味成分(α-サンショオール、β-サンショオール、サンショアミド)など
四気 熱性
五味
帰経(臓腑弁証
効能分類 温裏薬

その他の山椒に関する記事をチェック: #サンショウ

山椒の特徴

※図や表以外で、東洋医学の言葉は全て[ ]の中に表しています。例えば、[心]は東洋医学での[心](しん)を表し、普通に心と書いてある場合は、通常の「こころ」を表しているとお考え下さい。そして[ ]内の言葉はまとめて東洋医学の言葉一覧のページで意味を調べられます。

特徴

サンショウの果皮を使用しています。同属の生薬に蜀椒(ショクショウ)や青椒(せいしょう)があります。

東洋医学の効能

腹部を温め、痛みを止める働きがあります。そのため、冷えによる腹痛、腹部膨満感、吐き気、嘔吐に使われます。駆虫作用もあり、回虫薬としても使用されていました。

適応症

胃腸の冷えによるお腹の痛み、回虫による腹痛、嘔吐と水様性の下痢、肺の冷えによる咳、歯痛、痒みを伴うおりもの、湿疹のかゆみなど

山椒の使い方

ブレンド例

胃腸系を温め、腹痛を治します。

山椒+人参

胃腸系を温め、機能を促進します。

山椒+乾姜

『漢方294処方生薬解説』より

処方例

配合されている漢方薬の一例です。

大建中湯 温裏剤
当帰湯 温裏剤




次はこれを要チェック

東洋医学の基本 東洋医学の応用 ハーブの効果効能一覧 食材別ドーシャへの影響