各生薬・漢方薬の効能

威霊仙(いれいせん)の効果効能|東洋医学の生薬・ハーブ・薬草・食薬

威霊仙(いれいせん)の効果効能

東洋医学で使われる生薬の紹介をしています。副作用や組み合わせによる注意点などがある場合があります。すべての情報を網羅しているわけではありませんので、使用の際は必ず専門知識のある人に相談してください。

目次

  1. 威霊仙のデータ
  2. 威霊仙の特徴
  3. 威霊仙の使い方



威霊仙のデータ

名前 威霊仙(いれいせん)、能消(のうしょう)など
英語 Clematis Root
ラテン名 Clematidis Radix
学名
  • Clematis chinensis Osbeck
  • Clematis mandshurica Ruprecht
  • Clematis hexapetala Pallas
使用部位 根・根茎
成分 アネモニン、トリテルペノイドサポニン、フェノール類、ステロール類、糖類、アミノ酸など
四気 温性
五味 辛、鹹
帰経(臓腑弁証 膀胱
効能分類 去湿止痛薬、外用薬

その他の威霊仙に関する記事をチェック: #クレマチス

威霊仙の特徴

※図や表以外で、東洋医学の言葉は全て[ ]の中に表しています。例えば、[心]は東洋医学での[心](しん)を表し、普通に心と書いてある場合は、通常の「こころ」を表しているとお考え下さい。そして[ ]内の言葉はまとめて東洋医学の言葉一覧のページで意味を調べられます。

特徴

サキシマボタンヅルなどの根、根茎を使用しています。つる性の植物は、経絡に例えられ、人の手足の経絡の流れを整えることに利用されることが多くあります。威霊仙も同じくそのような特性があります。

東洋医学の効能

ふさがった[経絡]を通す

[風寒湿]を除いて[経絡]を通すことに優れています。そのため寒さや湿気で悪化する痛みを止めてくれます。関節痛、筋肉痛、神経痛、手足のしびれ、むくみなどに使われます。また痰、お腹の硬結を治します。脳卒中の後遺症による感覚障害の緩和にも用いられます。

魚骨を軟化させる

のどに魚の骨が刺さったときに、威霊仙を水か米酢で煎じて、ゆっくりと多量に服用すると良いと言われています。

外用として

洗浄薬として痔や皮膚疾患の炎症に用いられます。

適応症

痛風、慢性化した神経痛の様なしびれや痛み、腰や膝の冷痛、脚気、マラリア、腹中の硬結、破傷風、扁桃腺炎、骨がのどに刺さったときなど

注意事項

同属のセンニンソウ(Clematis terniflora DC.)の全草は有毒です。

威霊仙の使い方

ブレンド例

[湿]を除いて痛みを治します。

威霊仙+白朮

[風湿]を除いて、経路を通します。

威霊仙+防已

『漢方294処方生薬解説』より

処方例

配合されている漢方薬の一例です。

疎経活血湯 理血剤
二朮湯 祛湿剤




次はこれを要チェック

東洋医学の基本 東洋医学の応用 ハーブの効果効能一覧 食材別ドーシャへの影響