各生薬・漢方薬の効能

枸杞子(くこし)の効果効能|東洋医学の生薬・ハーブ・薬草・食薬

枸杞子(くこし)の効果効能

東洋医学で使われる生薬の紹介をしています。副作用や組み合わせによる注意点などがある場合があります。すべての情報を網羅しているわけではありませんので、使用の際は必ず専門知識のある人に相談してください。

目次

  1. 枸杞子のデータ
  2. 枸杞子の特徴
  3. 枸杞子の使い方



枸杞子のデータ

名前 枸杞子(くこし)、枸杞(くこ)、西枸杞(せいくこ)、津枸杞(しんくこ)など
英語 Goji Berry, Lycium Fruit
ラテン名 Lycii Fructus
学名
  • Lycium chinense Miller
  • Lycium barbarum Linné
使用部位 果実
成分 カロテノイド(ゼアキサンチン、フィサリエン)、ベタイン、リノレン酸など
四気 平性
五味
帰経(臓腑弁証
効能分類 補気薬

その他の枸杞子に関する記事をチェック: #クコ

枸杞子の特徴

※図や表以外で、東洋医学の言葉は全て[ ]の中に表しています。例えば、[心]は東洋医学での[心](しん)を表し、普通に心と書いてある場合は、通常の「こころ」を表しているとお考え下さい。そして[ ]内の言葉はまとめて東洋医学の言葉一覧のページで意味を調べられます。

特徴

枸杞子と同じ植物の根を使用したものは地骨皮という生薬として使われています。葉は枸杞葉という生薬です。

東洋医学の効能

[肝]を養い、目に関する不調を治します。[腎]を滋養し、[肺]を潤します。疲れて機能が弱まっている場合のせきを治します。

適応症

[肝腎]の不足、めまい、目が見えにくい、腰や膝がだるく力が入らない、耳鳴り、精力減退、インポテンツ、遺精、[虚労]によるせき、糖尿病など

注意事項

[外感]、[実熱]、[脾虚湿盛]、下痢の人は注意

枸杞子の使い方

常用量

1~10g

ブレンド例

目の炎症を鎮め、目を明らかにします。眼精疲労、涙目、視力低下などに。

枸杞子+菊花

糖尿病に

枸杞子+山薬




次はこれを要チェック

東洋医学の基本 東洋医学の応用 ハーブの効果効能一覧 食材別ドーシャへの影響