各生薬・漢方薬の効能

忍冬(にんどう)の効果効能|東洋医学の生薬・ハーブ・薬草・食薬

忍冬(にんどう)の効果効能

東洋医学で使われる生薬の紹介をしています。副作用や組み合わせによる注意点などがある場合があります。すべての情報を網羅しているわけではありませんので、使用の際は必ず専門知識のある人に相談してください。

目次

  1. 忍冬のデータ
  2. 忍冬の特徴
  3. 忍冬の使い方



忍冬のデータ

名前 忍冬(にんどう)、忍冬藤(にんどうとう)、金銀藤(きんぎんとう)など
英語 Lonicera Leaf and Stem
ラテン名 Lonicerae Folium Cum Caulis
学名 Lonicera japonica Thunberg
使用部位 葉、茎
成分 タンニン、フラボノイド(ロニセリン)など
四気 寒性
五味
帰経(臓腑弁証
効能分類 清熱薬

その他の忍冬の記事をチェック: #ハニーサックル

忍冬の特徴

※図や表以外で、東洋医学の言葉は全て[ ]の中に表しています。例えば、[心]は東洋医学での[心](しん)を表し、普通に心と書いてある場合は、通常の「こころ」を表しているとお考え下さい。そして[ ]内の言葉はまとめて東洋医学の言葉一覧のページで意味を調べられます。

特徴

ハニーサックルやスイカズラと呼ばれる植物の葉・茎を使用したものが忍冬です。同じ植物の蕾を使用した生薬を金銀花と言い使い分けています。金銀花と作用は似ているものの、忍冬の方がより経絡に作用します。

東洋医学の効能

忍冬の基本的な働きは[清熱]と解毒です。

[風熱]の症状に

金銀花のように、[風熱]の症状に効果的です。発熱、のどの痛み、発熱性の下痢に効きます。

解毒作用

化膿性の炎症に対する解毒作用があります。外用として、湿疹、化膿症、あせも、関節炎、痔などに使うことができます。

その他

経絡に働きかけ、筋肉や関節の痛みを取り除きます。

適応症

[風熱]による発熱・のどの痛み・下痢、血便、伝染性肝炎、化膿性のできもの、筋骨の痛みなど

忍冬の使い方

ブレンド例

化膿性のできもの、腫れものを治します。

忍冬+黄耆

[瘀血]を除き、潰瘍性のできものや湿疹を治します。

忍冬+連翹

『漢方294処方生薬解説』より

処方例

配合されている漢方薬の一例です。

治頭瘡一方 祛風剤




次はこれを要チェック

東洋医学の基本 東洋医学の応用 ハーブの効果効能一覧 食材別ドーシャへの影響