ワイルドストロベリーの効果効能|ハーブティー・メディカルハーブ・スパイス事典

ワイルドストロベリーの効果効能

目次

  1. キーワード&データ
  2. 特徴
  3. 有効成分
  4. 注意事項・禁忌
  5. ワイルドストロベリーの使い方

 






 

キーワード&データ

キーワード:消化器系の不調に

名前 ワイルドストロベリー、wild strawberry
和名 エゾヘビイチゴ(蝦夷蛇苺)
学名・読み方 Fragaria vesca [フラガリア・ウェスカ]
科名 バラ科
使用部位

関連記事まとめ:  #ストロベリー

 

特徴

ワイルドストロベリーは、一般的にイチゴと呼ばれるオランダイチゴ属(Fragaria)の一種です。世界中に20種類以上が存在すると言われています。ハーブティーには乾燥させた葉を使いますが、ワイルドストロベリーの葉が萎れていく際に毒性を生じるので、よく乾燥させることが大切です。学名のFragariaは、「香気を放つ」を意味するラテン語のfragroが変化した、野生の苺を意味するfragaが語源と言われています。伝説と結びついているという説もあり、詳細はワイルドストロベリーの花言葉をご覧ください。vescaは、「か弱い、食べられる」などの意味のラテン語であるvescusが語源で、小さい実が食用になることを示しています。

ワイルドストロベリーの効果効能

ワイルドストロベリーには様々な効能があります。タンニンとビタミンCが泌尿器系、消化器系の不調、貧血や神経性の下痢に効きます。痛風にも役立ちます。また、腎臓を活性化させ、肝臓を健康に保たせます。体内の浄化や水太りの解消にもつながります。その他、体を冷やす作用があるので、熱を伴う風邪の引きはじめに飲むといいです。

作用

  • 健胃作用
  • 収れん作用
  • 利尿作用
  • 浄化作用

適応

  • 下痢
  • 痛風
  • 消化器系の不調
  • むくみ

effects

 

有効成分

クエン酸、ペクチン、ビタミン、ミネラル、サリチル酸、糖質、粘液質、精油など

 

注意事項・禁忌

通常の使用の範囲では安心して使えるハーブです。妊娠中・授乳中の使用に関しては、問題は確認されていないものの、最終的な安全性は確立されていません。ストロベリー果実にアレルギーのある人は注意してください。

 

安全性クラス : 1(適切に使用する場合、安全に摂取することができるハーブ)
相互作用クラス: A(臨床的に関連のある相互作用が予測されないハーブ)

『メディカルハーブ安全性ブック第2版』

 

ワイルドストロベリーの使い方

ティーの飲み方

大さじ1をお湯に入れ、7分蒸らす。

ハーブティー入れ方

 

症状別ハーブの使い方

むくみ解消のためのハーブブレンド

ワイルドストロベリー、ホーステールリンデン

symptom

 

おすすめの使い方

ハーブティー、園芸

herds_advanced1

 

 

 

次はこれを要チェック

herbsgardening  essentialoils vegetableoils floralwater

 

 

スポンサーリンク



 

 


注意点&免責事項:ここに掲載されている内容は、植物の治療や薬としての有効性を保証するものではありません。日々進化していく全ての情報を網羅しきれていない場合もございます。事故やトラブルに関してこのサイトは責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご利用ください。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談してください。
参考文献をみる
@Depositphotos.com/ M.Grau

コメントを残す