簡単3ステップ!ハーブチンキ(チンキ剤・ティンクチャー)の作り方

tinc

ハーブチンキ・チンキ剤・ティンクチャー

ハーブには様々な利用方法があります。一番一般的なものは、ハーブティーとして飲用すること。その他にも、ハーブの成分を抽出して、スキンケアやホームケア、料理などに使用できます。その際に、効率よくハーブの有効成分を抽出するための方法の一つにハーブチンキがあります。

目次

  1. ハーブチンキとは
  2. ハーブチンキの作り方
  3. ハーブチンキの使い方とおすすめハーブ

 






 

ハーブチンキ(チンキ剤・ティンクチャー)とは

ハーブチンキは、ハーブをアルコール(ウォッカ等)に漬けて成分を抽出したものです。チンキ、チンキ剤、ティンクチャーとも呼ばれます。手作りのコスメやホームケア等に外用としても、内用としても使用可能です。お湯で抽出するハーブティーでは抽出されないハーブの有効成分を、アルコールに漬けることで効率よく含ませることができます。湿布やローションとして使うときは、精製水で4~10倍に薄めます。また、ハーブティーに少量混ぜて飲むことも可能です。ある程度の量を作ると、1年ほど保存ができることも利点です。

インフューズドオイル等、その他のハーブの活用方法は下記へ

 

ハーブチンキの作り方

ingredients

約100ml分

  • ウォッカ 100ml
  • ハーブ 10g(目安)
  • 密閉できる遮光瓶

directions

  1. 密閉容器に40度以上のウォッカとハーブを入れる。
  2. フタをして冷暗所に3~4週間置く。毎日容器を良く振る。
  3. ハーブを取り除いて出来上がり。

 

ハーブチンキの使い方とおすすめハーブ

飲用する

アルコールとハーブのみで作っているので内服が可能です。ハーブティーとしてハーブを飲むより、沢山の有効成分が抽出されています。お湯、水、ハーブティー、ジュースなどの飲み物に混ぜて飲用します。ハーブチンキを入れる量は、コップ一杯の飲み物に小さじ半分くらいが目安です。

おすすめハーブ

好みのハーブや自分の不調に合ったハーブ

 

マウスウォッシュ・うがい薬

ハーブチンキは、マウスウォッシュやうがい薬として使用できます。 コップ一杯の水に3滴ほどのチンキを入れるだけです。

おすすめハーブ

 

傷の手当

精製水で10倍ほどに薄めて、傷口の簡単な手当てに使用できます。

おすすめハーブ

アグリモニーマーシュマロウラベンダー

 

湿布として

精製水で5~10倍ほどに薄めて、布に染み込ませ、湿布として使用できます。肩こりや疲れ、痛みに効きます。

おすすめハーブ

ペパーミントマジョラムローズマリー

 

化粧水

精製水で10倍ほどに薄めて、化粧水として使用できます。好みで精油やフローラルウォーター、オイルを併用できます。※化粧水の作り方はこちら

おすすめハーブ

 

クリームやオイルに混ぜる

クリームやオイルに1~3滴混ぜて使用できます。

おすすめハーブ

 

ヘアトニック

精製水で10倍ほどに薄め、ヘアトニックとして使用できます。髪の痛みや強壮、育毛にいいハーブを使います。

おすすめハーブ

ホーステールマレインローズマリー

 

入浴剤

チンキをそのままバスタブにいれて、入浴剤として使用できます。もしくは、岩塩に適量のチンキを混ぜてバスソルトを作ることができます。

おすすめハーブ

 

ルームスプレー

そのまま空間にスプレーし、ルームスプレーとして使用できます。好みで精油を混ぜると香りが更に広がります。

おすすめハーブ

 

 

 

次はこれを要チェック

vegetableoils herbs symptom herds_advanced1

 

 

スポンサーリンク



 

 


@Depositphotos.com/erierika

 

 

コメントを残す