各生薬・漢方薬の効能

訶子(かし)の効果効能|東洋医学の生薬・ハーブ・薬草・食薬

訶子(かし)の効果効能

東洋医学で使われる生薬の紹介をしています。副作用や組み合わせによる注意点などがある場合があります。すべての情報を網羅しているわけではありませんので、使用の際は必ず専門知識のある人に相談してください。

目次

  1. 訶子のデータ
  2. 訶子の特徴
  3. 訶子の使い方



訶子のデータ

名前 訶子(かし)、ミロバランなど
英語 Myrobalan Fruit
ラテン名 Chebulae Fructus
学名 Terminalia chebula Retzius
使用部位 果実
成分 タンニン(エラグタンニン)など
四気 温性
五味 苦、酸、渋
帰経(臓腑弁証 大腸
効能分類 鎮咳去痰薬

その他の訶子に関する記事をチェック: #ミロバラン

訶子の特徴

※図や表以外で、東洋医学の言葉は全て[ ]の中に表しています。例えば、[心]は東洋医学での[心](しん)を表し、普通に心と書いてある場合は、通常の「こころ」を表しているとお考え下さい。そして[ ]内の言葉はまとめて東洋医学の言葉一覧のページで意味を調べられます。

特徴

ミロバランの果実を使用します。インドでは聖なる木とされています。

東洋医学の効能

収れん作用に優れます。特に[肺]の[気虚]によって、せきや[自汗]といった症状がある場合に、[肺気]を収れんさせて症状を改善してくれます。この働きを斂肺(れんぱい)とも言います。また、下から突き上げるような咳を治します。腸を収れんさせ、下痢を止めます。化粧品の原料では、肌を引き締める収れん剤として利用されています。

適応症

慢性的な咳により声が出ない、慢性の下痢、脱肛、血便、不正子宮出血、おりもの、遺精、頻尿など

訶子の使い方

ブレンド例

のどの痛みの緩和、去痰をします。

訶子+甘草

慢性的な咳による声がれを治します。去痰をします。

訶子+桔梗

『漢方294処方生薬解説』より

処方例

配合されている漢方薬の一例です。

響声破笛丸 清熱剤




次はこれを要チェック

東洋医学の基本 東洋医学の応用 ハーブの効果効能一覧 食材別ドーシャへの影響