各生薬・漢方薬の効能

菊花(きくか)の効果効能|東洋医学の生薬・ハーブ・薬草・食薬

菊花(きくか)の効果効能

東洋医学で使われる生薬の紹介をしています。副作用や組み合わせによる注意点などがある場合があります。すべての情報を網羅しているわけではありませんので、使用の際は必ず専門知識のある人に相談してください。

目次

  1. 菊花のデータ
  2. 菊花の特徴
  3. 菊花の使い方



菊花のデータ

名前 菊花(きくか)、甘菊(かんぎく)、野菊花(のぎくか)、杭菊花(こうきっか)など
英語 Chrysanthemum Flower
ラテン名 Chrysanthemi Flos
学名
  • Chrysanthemum morifolium Ramatulle(甘菊)
  • Chrysanthemum indicum Linné(野菊花)
使用部位 頭花
成分 精油、クリサンテミン、フラボノイドなど
四気 涼性
五味 甘、苦
帰経(臓腑弁証
効能分類 辛涼解表薬

その他の菊花に関する記事をチェック: #キク

菊花の特徴

※図や表以外で、東洋医学の言葉は全て[ ]の中に表しています。例えば、[心]は東洋医学での[心](しん)を表し、普通に心と書いてある場合は、通常の「こころ」を表しているとお考え下さい。そして[ ]内の言葉はまとめて東洋医学の言葉一覧のページで意味を調べられます。

特徴

キク科の花が使用されます。キクには色々な種類がありますが、日本で生薬として使われているものは甘菊と野菊花の二種類で、菊花と言うと野菊花が使われることが多いです。中国では野菊花は別の生薬として考えられています。日本に輸入されている大型の菊花は杭菊花と呼ばれているものです。

  • 甘菊・・・大型、味が甘い。
  • 野菊花・・・小型、味が苦い。シマカンギクとも呼ばれる。
  • 杭菊花・・・大型、味が苦い。

東洋医学の効能

菊花は体の上部の不調に効く特徴があります。

目の不調に

目の熱を冷ますことに優れています。そのため、感染や使い過ぎによる目の充血、結膜炎、かすみ目などの眼性疾患に用いられます。

身体を冷まし[解表]する

熱性のかぜに対して、身体を冷まし、頭痛や眼痛を治します。慢性の頭痛にも使われます。

適応症

頭痛、めまい、目の充血、胸部の[煩悶]感、熱のある根の深いできもの

注意事項

[気虚胃寒]、食欲少ない、下痢の場合は少ない量にする

菊花の使い方

常用量

1~3g

ブレンド例

目の炎症を鎮め、明らかにします。

菊花+枸杞子

かぜによる頭痛を治します。

菊花+細辛

『漢方294処方生薬解説』より

処方例

配合されている漢方薬の一例です。

清上蠲痛湯 祛風剤
釣藤散 祛風剤




次はこれを要チェック

東洋医学の基本 東洋医学の応用 ハーブの効果効能一覧 食材別ドーシャへの影響