各生薬・漢方薬の効能

栝楼根(かろこん) の効果効能|東洋医学の生薬・ハーブ・薬草・食薬

栝楼根(かろこん) の効果効能

東洋医学で使われる生薬の紹介をしています。副作用や組み合わせによる注意点などがある場合があります。すべての情報を網羅しているわけではありませんので、使用の際は必ず専門知識のある人に相談してください。

目次

  1. 栝楼根のデータ
  2. 栝楼根の特徴
  3. 栝楼根の使い方



栝楼根のデータ

名前 栝楼根(かろこん) 、天花粉(てんかふん)、瓜呂根(かろこん)など
英語 Trichosanthes Root
ラテン名 Trichosanthis Radix
学名
  • Trichosanthes kirilowii Maximowicz
  • Trichosanthes kirilowii Maximowicz var. japonica Kitamura
  • Trichosanthes bracteata Voigt
使用部位 皮層を除いた根
成分 デンプン、アミノ酸、脂肪酸、ステロイド、ククルビタン系トリテルペン、レクチンなど
四気 涼性
五味 甘、苦、酸
帰経(臓腑弁証
効能分類 鎮咳去痰薬

その他の栝楼根に関する記事をチェック: #カラスウリ

栝楼根の特徴

※図や表以外で、東洋医学の言葉は全て[ ]の中に表しています。例えば、[心]は東洋医学での[心](しん)を表し、普通に心と書いてある場合は、通常の「こころ」を表しているとお考え下さい。そして[ ]内の言葉はまとめて東洋医学の言葉一覧のページで意味を調べられます。

特徴

キカラスウリまたはオオオカラスウリの根を用いた生薬が栝楼根になります。同じ植物の種子を用いたものを栝楼仁、種子を含む成熟果実を用いたものを栝楼実と言います。日本では栝楼根と栝楼仁がよく使われます。中国では、果実全体を栝楼、果皮を栝楼皮、種子を栝楼子と言って区別しているそうです。栝楼根の粉末は天花粉とも呼ばれ、あせも・おむつかぶれの予防に使われていました。

東洋医学の効能

潤し、熱を冷ます

[脾胃肺]の熱を冷まし、[津液]を補う作用があります。そのため、発熱や熱病後の、脱水傾向や[口渇]などの[津液]不足に使用して、清熱します。[肺]の熱も冷まし潤すので、のどの乾燥、痰やせきを治します。

膿を出す

排膿作用があるので、皮膚化膿症や乳腺炎に使われます。

適応症

熱病後の[口渇]、糖尿病などの[口渇]を伴う症状、黄疸、[肺]の乾燥によって咳と一緒に血が出る、熱性のせき、化膿性の腫れもの、痔瘻など

栝楼根の使い方

ブレンド例

のどの痛み、せきを治します。

栝楼根+甘草

排膿を促進します。

栝楼根+桔梗

『漢方294処方生薬解説』より

処方例

配合されている漢方薬の一例です。

柴胡桂枝乾姜湯 和解剤
柴胡清肝湯 清熱剤




次はこれを要チェック

東洋医学の基本 東洋医学の応用 ハーブの効果効能一覧 食材別ドーシャへの影響