各生薬・漢方薬の効能

黄柏(おうばく)の効果効能|東洋医学の生薬・ハーブ・薬草・食薬

黄柏(おうばく)の効果効能

東洋医学で使われる生薬の紹介をしています。副作用や組み合わせによる注意点などがある場合があります。すべての情報を網羅しているわけではありませんので、使用の際は必ず専門知識のある人に相談してください。

目次

  1. 黄柏のデータ
  2. 黄柏の特徴
  3. 黄柏の使い方



黄柏のデータ

名前 黄柏(おうばく)、檗皮(ばくひ)、檗木(ばくぼく)など
英語 Phellodendron Bark
ラテン名 Phellodendri Cortex
学名
  • Phellodendron amurense Ruprecht
  • Phellodendron chinense Schneider
使用部位 周皮を取り除いた樹皮
成分 アルカロイド(ベルベリン、パルマチン)、苦味質(オウバクノン、リモニン)など
四気 寒性
五味
帰経(臓腑弁証 膀胱
効能分類 清熱薬、止瀉健胃薬、外用薬

その他の黄柏の記事をチェック: #オウバク

黄柏の特徴

※図や表以外で、東洋医学の言葉は全て[ ]の中に表しています。例えば、[心]は東洋医学での[心](しん)を表し、普通に心と書いてある場合は、通常の「こころ」を表しているとお考え下さい。そして[ ]内の言葉はまとめて東洋医学の言葉一覧のページで意味を調べられます。

特徴

苦味の強い生薬で、健胃整腸剤の主成分としてよく使われます。古くから黄色の染料や防虫剤としても使われてきました。

東洋医学の効能

健胃・消炎

[清熱]し、[湿]を取り除き、炎症を鎮める作用があります。そして主に下腹部より下の[湿熱]の症状に働きます。そのため、熱性の下痢、膀胱炎、排尿障害、下肢の関節炎やむくみ、しびれなどに用いられます。これらは主に[実熱]の症状ですが、[虚熱]にも使用できます。微熱が続き寝汗が出るような場合や、[陰虚]の場合にも。

炎症に外用薬として

打ち身、捻挫、リウマチ、関節炎などの炎症性の疾患に、湿布薬として用いられます。口内炎や熱性のできものにも外用塗布します。

適応症

暑さによる下痢、糖尿病、黄疸、下半身麻痺、遺精、排尿困難、痔、血便、出血を伴うおりもの、口内炎、できものなど

黄柏の使い方

ブレンド例

[湿熱]による黄疸を治します。

黄柏+山梔子

皮膚、鼻、目の炎症を治します。

黄柏+連翹

『漢方294処方生薬解説』より

処方例

配合されている漢方薬の一例です。

黄連解毒湯 清熱剤
荊芥連翹湯 清熱剤
滋陰降火湯 補陰剤
七物降下湯 祛風剤
半夏白朮天麻湯 化痰剤




次はこれを要チェック

東洋医学の基本 東洋医学の応用 ハーブの効果効能一覧 食材別ドーシャへの影響