各生薬・漢方薬の効能

桂枝(けいし)の効果効能|東洋医学の生薬・ハーブ・薬草・食薬

桂枝(けいし)の効果効能

東洋医学で使われる生薬の紹介をしています。副作用や組み合わせによる注意点などがある場合があります。すべての情報を網羅しているわけではありませんので、使用の際は必ず専門知識のある人に相談してください。

目次

  1. 桂枝のデータ
  2. 桂枝の特徴
  3. 桂枝の使い方



桂枝のデータ

名前 桂枝(けいし)
英語 Cinnamon Twig
ラテン名 Cinnamomi Ramulus
学名 Cinnamomum cassia Blume
使用部位 小枝
成分 精油(ケイヒアルデヒド)、ジテルペノイド、カテキン類、タンニンなど
四気 温性
五味 辛・甘
帰経(臓腑弁証 膀胱
効能分類 辛温解表薬

その他の桂枝の記事をチェック: #シナモン

桂枝の特徴

※図や表以外で、東洋医学の言葉は全て[ ]の中に表しています。例えば、[心]は東洋医学での[心](しん)を表し、普通に心と書いてある場合は、通常の「こころ」を表しているとお考え下さい。そして[ ]内の言葉はまとめて東洋医学の言葉一覧のページで意味を調べられます。

特徴

桂皮はシナモンの樹皮の部分、桂枝は小枝部分を使用します。二つを別物として考える場合と、同じものとして考える場合があります。日本薬局方では「桂皮」としてだけ規定されているため、漢方の中では「桂枝」という名前が付く漢方薬でも桂皮が使われている場合が殆どです。詳しくは桂皮のページもご覧ください。二つを分けた場合の違いは下記になります。

桂皮

主に体の内側に使用。体が芯から冷えている場合など。

桂枝

主に体の外側に使用。体の末端が冷えている場合、かぜの初期症状などでまだ[邪]が体表にいる場合など。

東洋医学の効能

体を温め発汗させることによって、初期のかぜを治します。

適応症

[風寒]のかぜの初期症状、[寒冷]の蕁麻疹、冷えによるむくみ

注意事項

温熱病、陰虚、陽盛、血熱、妊娠中の人の使用は注意が必要です。

桂枝の使い方

常用量

1~3g




次はこれを要チェック

東洋医学の基本 東洋医学の応用 ハーブの効果効能一覧 食材別ドーシャへの影響