レモングラスの効果効能|ハーブティー・メディカルハーブ・スパイス事典

lemongrass

レモングラスの効果効能

目次

  1. キーワード&データ
  2. 特徴
  3. 有効成分
  4. 注意事項・禁忌
  5. レモングラスの使い方

 






 

キーワード&データ

キーワード:胃腸の不調、風邪の予防

名前 レモングラス、lemongrass
和名 レモンガヤ(檸檬茅)
学名・読み方
  • Cymbopogon citratus [キンボポゴン・キトラトゥス](西インド産)
  • Cymbopogon flexuosus [キンボポゴン・フレクスオスス](東インド産)
科名 イネ科
使用部位
ジェンダー 男性
惑星 水星
四大元素

関連記事まとめ:#レモングラス

 

特徴

トムヤムクンなどに使用される、アジアではとても有名なハーブです。ハーブティーはレモンの香りがしてたいへん飲み安く、人気です。他にも防虫剤や薬用に幅広く使われています。インドやスリランカが原産で、草丈1.5m程になる多年草です。古くから熱病や感染症に用いられてきました。学名のCymbopogonは、ギリシャ語で「小舟」を表すkymbeと、「ひげ」を表すpogonが組み合わさってできています。小穂の形が似ていることからきています。citratusは「レモンのような」という意味です。西インド産のものの方が香りが強いとされています。

スピリチュアルなストーリー

家の周囲に植えることで、蛇を追い払ってくれると言われていました。また、第六感を働かせるための手助けをしてくれると言われていました。

レモングラスの効果効能

抗菌、抗真菌、殺菌作用に優れます。そのため腹痛や下痢などの胃腸の不調や発熱、インフルエンザなどに役立ちます。腸内ガスの排出も促します。消化にもいいので、食べ過ぎた後の胃もたれにも効果的です。また、疲労回復にも向いているので、疲れた時、仕事の合間や夏バテ時にもぴったりです。

作用

  • 健胃作用
  • 駆風作用
  • 消化促進作用
  • 抗菌作用
  • 矯味作用
  • 矯臭作用

適応

  • 食欲不振
  • 消化不良
  • 風邪
  • 疲労

effects

 

有効成分

フラボノイド、精油など

 

注意事項・禁忌

通常の使用の範囲では安心して使えるハーブです。妊娠中の有害性は観察されなかったという研究結果があります。授乳中の使用に関しては、問題は確認されていないものの、最終的な安全性は確立されていません。血糖値の調整を変化させる可能性があるため、糖尿病のある人は注意が必要です。

 

安全性クラス : 1(適切に使用する場合、安全に摂取することができるハーブ)
相互作用クラス: A(臨床的に関連のある相互作用が予測されないハーブ)

『メディカルハーブ安全性ブック第2版』

 

レモングラスの使い方

ティーの飲み方

大さじ1を3分煮出し、5分蒸らす。

ハーブティー入れ方

 

症状別ハーブの使い方

胃腸の不調のためのハーブブレンド

レモングラス、ペパーミントメドウスイート

symptom

 

おすすめの使い方

ハーブティー、ホームケア、バス、芳香浴、料理

herds_advanced1

 

 

 

次はこれを要チェック

herbsgardening  essentialoils vegetableoils floralwater

 

 

スポンサーリンク



 

 


注意点&免責事項:ここに掲載されている内容は、植物の治療や薬としての有効性を保証するものではありません。日々進化していく全ての情報を網羅しきれていない場合もございます。事故やトラブルに関してこのサイトは責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご利用ください。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談してください。
参考文献をみる
@Depositphotos.com/ nanka-photo

コメントを残す