サンセベリア (サンスベリア)の育て方|多肉植物の水やりや栽培のコツ

Sansevieria

サンセベリア(サンスベリア)の特徴・育て方・栽培方法

サンセベリアは、多肉植物の一種ですが、観葉植物としても人気の植物です。沢山の種類がありますが、肉厚の葉が上に伸びていくタイプのものが多いです。サンスベリアと呼ばれることもあります。

目次

  1. サンセベリアの特徴
  2. 適した場所
  3. 毎日のケアとポイント
  4. 一年のスケジュール
  5. 病害虫について
  6. サンセベリア属の種類

 






 

サンセベリアの特徴

名前 サンセベリア、サンスベリア
学名 Sansevieria
科名属名 リュウゼツラン科サンセベリア属
夏型
育ち方 ロゼット状に葉が上に伸びていく
原産地 アフリカ
殖やし方 葉ざし、株分け

※種類によって特徴が異なる場合もあります。

succulents

 

適した場所

多肉植物なので、乾燥に強いです。真夏の直射日光を避け、一年中日当たりのいい場所で育てます。冬は室内に移します。

日当たり 日当たり・風通しの良い場所。真夏の直射日光を避ける。冬は日当たりの良い室内で管理。
越冬温度 5℃
肥料 生育期に緩効性肥料又は液体肥料を与える。

hiryo succulents_soil

 

毎日のケアとポイント

水やり

水のやりすぎに気をつけます。土の表面が乾いたら水を与えます。冬は基本的には断水し、休眠させます。室内の暖かいところ(15℃以上)で管理するようであれば、少なめに水を与えます。

葉ざし、株分けで殖やす

殖やす時期は春から夏がいいです。株分けの場合は、根を掘りおこし、いくつかに分け、1日乾燥させてから植えつけます。葉ざしの場合は、葉を10cm程の幅にカットし、土に挿すと発根します。

夏は肥料を与えて成長させる

春から夏にかけて元気に成長します。この時期に肥料を与えると成長を促進させます。

care kabuwake

 

1年のスケジュール

schedule_Sansevieria

置き場所:風通しの良い日なたで管理します。

水やり:土の表面が乾いたらたら水を与えます。

肥料:5月ごろから緩効性肥料を2か月に1回、又は液体肥料を2週間に1回与えます。

置き場所:風通しの良い日なたで管理します。直射日光を避けます。

水やり:土の表面が乾いたらたら水を与えます。

肥料:緩効性肥料を2か月に1回、又は液体肥料を2週間に1回与えます。

置き場所:日当たりのよい室内で管理します。

水やり:土の表面が乾いたらたら水を与えます。

置き場所:日当たりのよい室内で管理します。温度は最低でも5℃以上を保つようにします。

水やり:断水します。室内の暖かいところ(15℃以上)で管理するようであれば、少なめに水を与えます。

 

病害虫について

水のやりすぎが根腐れの原因になります。暖かい時期にハダニが発生する場合があります。

pest

 

サンセベリア属の種類

多肉植物は、同じ属の中でも様々な種類があり、多くが「流通名」で表されます。下記はサンセベリア属に属する植物の一例です。同じ属の場合、育て方が似ているものが多いですが、種類によって異なる場合があります。購入する場合は、属名だけでなく、流通名までチェックすると、より合った育て方ができます。

流通名 学名
スタッキー Sansevieria stuckyi 夏型
ゼラニカ Sansevieria zeylanica 夏型
トラノオ(チトセラン、ローレンティー) Sansevieria trifasciata var. laurentii 夏型
ハニー Sansevieria trifasciata ‘hahnii’ 夏型

 

 

 

次はこれを要チェック

succulents gardening

 

 

スポンサーリンク



 

 


参考文献を見る
画像@ Depositphotos.com/kolotuschenko

コメントを残す