オリーブグリーンの意味、心理効果、イメージを解説!|ファッションの深層心理も

olivegreen

オリーブグリーン|カーキ|Olive Green |Khaki

私たちは色に囲まれて毎日過ごしています。ものを買うとき、洋服を選ぶときなど、色を選択する場面は日常生活に沢山あります。直観で選ぶ色は、その度にあなたの奥にある心理を表現してくれています。ここではオリーブグリーンの深層心理を様々な方向から解説しています。

目次

  1. オリーブグリーンの特徴
  2. 【性格】オリーブグリーンの深層心理
  3. 【ファッション】オリーブグリーンのファッションがもたらす心理効果
  4. 【アロマ】オリーブグリーンが好きな人におすすめ!関連するアロマの香り

 






 

オリーブグリーンの特徴

キーワード:希望、平和、女性性の台頭

黄色と緑の混色であるオリーブグリーンは、個人の象徴の黄色から、調和を現す緑への懸け橋となる色です。それは、個人主義の時代から調和へ向かおうとする現代を象徴しているといわれています。

オリーブグリーンに対応する要素

チャクラ 第3と第4チャクラの間
色の特徴 混色:黄色 補色:マゼンタ
アロマ ゼラニウムベルガモットなど
星座 乙女座
パワーストーン ジェムシリカ、ペリドットなど

 

【性格】オリーブグリーンの深層心理

色を見て直観的に感じる感情は、私たちの深層心理をよく表しています。好き、嫌い、何かを思い出す、何かいい感情(もしくは悪い感情)が出てくる・・・など人によって様々です。日によっても全く印象が変わる場合があります。それは私たち自身もが常に変化しているので当たり前です。ここでは色の特徴の説明と共に、今オリーブグリーンが好きな人はどんな傾向があるかを紹介していきます。

colortest

オリーブの実と木

オリーブの実はそのまま口にすると苦くて食べれません。ある一定の行程を経て、初めて甘くおいしくなります。また、オリーブの木は、どんな過酷な環境でも、力強く育ちます。これは、人生でも辛く大変な時期があっても未来には明るい希望があることを教えてくれるエネルギーです。オリーブグリーンを好む人はとても我慢強く、努力の末に開花するタイプの人と言えます。

黄色から緑の中間

黄色(個人)と緑(ハート)の混色のオリーブグリーンは、個人主義で競争の時代から、調和を大切にする共同創造の時代への移り変わっている今を示しています。このエネルギーは女性的です。なので、女性的な直観力や創造性のエネルギーも持ち合わせます。女性と男性どちらがいいというのではなく、みんなが女性的なエネルギーを活かしていく時代で、それをサポートしてくれます。そのためオリーブグリーンに象徴される人は今の時代に先陣を切って進んでいく人です。また、明晰さを表す黄色と方向性を表す緑の混色でもあるため、自分の道をより光を当ててみることができる人でもあります。

 

【ファッション】オリーブグリーンのファッションがもたらす心理効果

 olive-fashion1

ファッションは人のイメージをとても左右するものです。そのため好きなファッションカラーは、こうなりたい、こうしたい、といった深層心理が大きく影響します。また、ファッションカラーは同時に、人に与える印象でもあります。そのため、意識的にある色の小物や洋服を取り入れれば、印象を変化させたり、自分のバランスを取ることに応用することができます。ここではオリーブグリーンのファッションが好きな人の深層心理と、オリーブグリーンが及ぼす心理効果を仕事とプライベートに分けて紹介しています。

fashioncolor

オリーブグリーンのファッションが好きな人

好きなファッションカラーからは、今の自分にとって必要で、引き出したいと無意識に思っていることや、こう思われたいという部分が現れます。オリーブグリーンのファッションが好きな人は、今逆境の時期だとしても、明るい味台を信じて進んでいく強さがあります。個々で頑張るのではなく、まわりと協力して物事を成し遂げていく力がある、もしくは必要としている時期かもしれません。

 

仕事編

女性的なリーダーシップ

女性の受容的、直感的な特徴を活かしたリーダーシップに光を当てる色です。競争ではなく、共存の世界を作ってチームをまとめられます。

新しい方法を見出す

新しい時代をサポートするのがオリーブグリーンです。何かに行き詰ってしまった時も、必ず新しい方法を見出す力を与えてくれます。

 

プライベート編

個性を認める

女性的な、調和を大切にすることを促してくれます。攻撃的な感情ではなく、色々な個性を認めて共存する温かい感情を芽生えさせてくれます。

希望を持つ

どんなに苦しい時にも、必ずそのあとには平和がくる希望を忘れないでいさせてくれるのがオリーブグリーンです。

 

【アロマ】オリーブグリーンが好きな人におすすめ

色とそれに対応する香りは同じ特徴をもちます。そのため、好きな色に合う香りを選ぶと、自然と自分の深層心理をサポートしてくれる香りの効果が期待できます。香りは部屋の芳香浴や香水、アロママッサージなど様々な方法で取り入れられるので、是非試してみてください。

オリーブグリーンに対応する精油

ゼラニウムベルガモット

オリーブグリーンは、黄色と緑の混色で、個から調和への移り変わりを象徴します。それは女性的なエネルギーでもあることから、あらゆる女性的なものと関連するゼラニウムとの関係が強いと考えられます。ゼラニウムは女性的な感受性や優しさをもたらしてくれます。また、オリーブグリーンの希望をもたらす特徴は、ベルガモットの性質ととてもよく似ています。

 

精油と色の関係の詳細とアロマの手作りレシピの詳細は下記へ。アロマのレシピをキャンドルやその他のレシピに応用したい場合にチェックしてみてください。

essenntialoilcolor 手づくりレシピ

 

 

 

次はこれを要チェック

basicscolor colors

 

 

スポンサーリンク



 

 


@ Depositphotos.com/ massonforstock, NewNow

 

コメントを残す