白の意味、心理効果、イメージを解説!|ファッションの深層心理も

white

白|ホワイト|White

私たちは色に囲まれて毎日過ごしています。ものを買うとき、洋服を選ぶときなど、色を選択する場面は日常生活に沢山あります。直観で選ぶ色は、その度にあなたの奥にある心理を表現してくれています。ここでは白の深層心理を様々な方向から解説しています。

目次

  1. 白の特徴
  2. 【性格】白の深層心理
  3. 【ファッション】白のファッションがもたらす心理効果
  4. 【アロマ】白が好きな人におすすめ!関連するアロマの香り

 






 

白の特徴

キーワード:浄化、涙、強さ

白はクリアとも言われ、すべての色を包括します。そのためとても強烈なエネルギーをもちます。どの色にも染まれる柔軟さがあると同時に、光が当たりすぎて逆に何も見えていない場合もあります。

白に対応する要素

チャクラ 全て
色の特徴 すべての色
アロマ ジュニパーマートルなど
陰陽五行
パワーストーン クォーツ、セレナイトなど

 

【性格】白の深層心理

色を見て直観的に感じる感情は、私たちの深層心理をよく表しています。好き、嫌い、何かを思い出す、何かいい感情(もしくは悪い感情)が出てくる・・・など人によって様々です。日によっても全く印象が変わる場合があります。それは私たち自身もが常に変化しているので当たり前です。ここでは色の特徴の説明と共に、今白が好きな人はどんな傾向があるかを紹介していきます。

colortest

全ての色を含んだ光

白は、全ての色が均等に混ざった光を象徴します。これは、全ての感情を強烈にします。この強烈なパワーは、マイナスなエネルギーを跳ね返します。強い苦しみや悲しい感情が心の奥にある場合、それに光を当てることで浄化させることができます。白(クリア)は流されない涙の象徴とも言われます。つらいときは思いきり泣くことも浄化になります。一方で、色がない(見えない)白を選ぶ人は、まだ自分の心の中を見たくない場合があります。そんな時は、無理に光を当てる必要はありません。どんな時も自分の今の状況をありのままに受け入れることが大切です。

透明さと純粋さ

どの光も通り抜ける白(クリア)は、全てみえてしまう性質があります。それは純粋さにもつながり、純粋さを追求することは、様々なものを手放しシンプルを求めることにもなります。

苦しみの理解

白は苦しみに関連しています。苦しみの3つの原因は、欲しくないものを手にすること、欲しいものが手に入らないこと、この2つの区別がつかないこと、と言われています。自分の苦しみがどれにあたるのか、光を当ててみてみることは、苦しみを手放す手助けになります。

 

【ファッション】白のファッションがもたらす心理効果

white-fashion2

ファッションは人のイメージをとても左右するものです。そのため好きなファッションカラーは、こうなりたい、こうしたい、といった深層心理が大きく影響します。また、ファッションカラーは同時に、人に与える印象でもあります。そのため、意識的にある色の小物や洋服を取り入れれば、印象を変化させたり、自分のバランスを取ることに応用することができます。ここでは白のファッションが好きな人の深層心理と、白が及ぼす心理効果を仕事とプライベートに分けて紹介しています。

fashioncolor

白のファッションが好きな人

好きなファッションカラーからは、今の自分にとって必要で、引き出したいと無意識に思っていることや、こう思われたいという部分が現れます。白のファッションが好きな人は、強さと柔軟さに関わります。白がどの色にも染まれるように、まわりと柔軟に関われることが必要です。それと同時に、その柔軟さの裏には強さがないといけません。強さが必要だったり、欲しいと感じているかもしれません。また、白は浄化を表すことから、何か辛い出来事や感情を手放したい時期かもしれません。

 

仕事編

臨機応変になる

白は、そんな色にも染まれる臨機応変さがあります。様々な意見や状況に対応するときに向いています。

強い意志を持つ

色の中で一番強い光が白。全ての色が混ざっています。すべてを受け入れ、自分のものにしていく強さと、強い意志を保つのに向いています。

 

プライベート編

純潔な魅力を出す

白は汚れのない純潔の象徴でもあります。清楚、純潔さを引き出す色です。

嫌なことを浄化する

涙や浄化とも結び付けられます。マイナスなことを手放し、浄化していく力があります。

 

【アロマ】白が好きな人におすすめ

色とそれに対応する香りは同じ特徴をもちます。そのため、好きな色に合う香りを選ぶと、自然と自分の深層心理をサポートしてくれる香りの効果が期待できます。香りは部屋の芳香浴や香水、アロママッサージなど様々な方法で取り入れられるので、是非試してみてください。

に対応する精油

ジュニパーマートル

一般的に白に対応する精油というのはあまり言われませんが、白の浄化のパワーと似ているのがジュニパーです。ジュニパーは心のネガティブな部分や、場の負のエネルギーなど、あらゆるのもを浄化してくれます。また、白のもつ純潔さで言うと、マートルはこどものような純粋な心を引き出してくれるので、とてもよく合います。

 

精油と色の関係の詳細とアロマの手作りレシピの詳細は下記へ。アロマのレシピをキャンドルやその他のレシピに応用したい場合にチェックしてみてください。

essenntialoilcolor 手づくりレシピ

 

 

 

次はこれを要チェック

basicscolor colors

 

 

スポンサーリンク



 

 


@ Depositphotos.com/ BalazsKovacs, dpaint

 

コメントを残す