ハオルチアの育て方|多肉植物の水やりや栽培のコツ

ハオルチアの特徴・育て方・栽培方法

ハオルチアは、とがった堅い葉を持つものと、柔らかい半透明の窓と呼ばれる葉を持つ種類があります。特徴的な葉がとても人気の種類です。

目次

  1. ハオルチアの特徴
  2. 適した場所
  3. 毎日のケアとポイント
  4. 一年のスケジュール
  5. 病害虫について
  6. ハオルチア属の種類



ハオルチアの特徴

名前 ハオルチア
学名 Haworthia
科名属名 ツルボラン科ハオルチア属
春秋型
育ち方 とがった堅い葉、もしくは半透明の「窓」を持つ
原産地 南アフリカ
殖やし方 株分け、葉ざし、種まき

※種類によって特徴が異なる場合もあります。

多肉植物の育て方一覧

適した場所

直射日光や雨を避けて育てます。

日当たり 夏は、直射日光と雨を避けた半日陰で育てる。それ以外は日当たりの良い室内で管理。
越冬温度 0~3℃
肥料 生育期の春と秋に緩効性肥料又は液体肥料を少量与える。

肥料の種類と基本 多肉植物の土の種類

毎日のケアとポイント

水やり

乾かし気味に水やりをします。春と秋の生育期は土が半分ほど乾いたらたっぷり水を与え、夏と冬は乾燥気味に管理します。

株分け・葉ざし・種まきで殖やす

殖やす時期は生育期の春か秋がいいです。株分け・葉ざし・種まきで殖やせます。株分けの場合は、子株をつけた株を切り離します。細かい根は取り除き、太い根を残して植えつけます。植え付け後3,4日後に水やりをします。

多肉植物の手入れ方法 多肉植物の殖やし方

1年のスケジュール

schedule_Haworthia

置き場所:日当たりのよい室内で管理します。5月ごろから雨を避け、風通しの良い半日陰に移します。

水やり:土の半分くらいが乾いたらたっぷり水を与えます。

肥料:あまり必要ありませんが、与える場合は液体肥料を少量与えます。

置き場所:雨を避けた、風通しの良い半日陰に移します。

水やり:真夏は生育が止まるので、すこし水を控え乾かし気味に管理します。

置き場所:日当たりのよい室内で管理します。

水やり:土の半分くらいが乾いたらたっぷり水を与えます。

肥料:あまり必要ありませんが、与える場合は液体肥料を少量与えます。

置き場所:日当たりのよい室内で管理します。

水やり:冬は生育が止まるので、すこし水を控え乾かし気味に管理します。

病害虫について

高温多湿により、軟腐病になる場合があります。直射日光によって葉焼けします。

天然の害虫対策

ハオルチア属の種類

多肉植物は、同じ属の中でも様々な種類があり、多くが「流通名」で表されます。下記はハオルチア属に属する植物の一例です。同じ属の場合、育て方が似ているものが多いですが、種類によって異なる場合があります。生購入する場合は、属名だけでなく、流通名までチェックすると、より合った育て方ができます。

流通名 学名
アマゾナイト Haworthia ‘Amazonite’ 春秋型
オブツーサ Haworthia obtusa 春秋型
ギガス Haworthia gigas 春秋型
キンビフォルミス Haworthia cymbiformis 春秋型
十二の巻 Haworthia fasciata 春秋型
冬の星座 Haworthia papillosa 春秋型
万象 Haworthia maughanii 春秋型

春秋型多肉植物の育て方

次はこれを要チェック

多肉植物の育て方一覧 各ハーブの育て方

スポンサーリンク





参考文献を見る

コメントを残す