バーミキュライトとは?|園芸・ガーデニング・ハーブ栽培用の土の使い方

Vermiculite

バーミキュライトとは?

蛭石(ひるいし)とも呼ばれます。酸化ケイ素、酸化マグネシウム、酸化アルミニウムを主成分とする鉱物を高温処理し、膨張させた人工の土です。

 

バーミキュライトの特徴と使い方

特徴

通気性・保水性・保肥性に優れます。無菌・無肥料・高い断熱性があります。

挿し木、苗、種まき用の土に最適

無菌で保水性が高いので、デリケートな環境を必要とする挿し木、苗、種まき用の土として最適です。その際は小粒のものを選びます。

根の呼吸を促進

通気性を良くする特徴があるので、根に空気が良く吸収され、成長を促進させます。

多くのハーブや多肉植物に使用

通気性や保水性を重視する多くの植物に使用できます。また、家の中で育てる場合にも、無菌で軽量なためよく使われます。

水耕栽培にも最適

バーミキュライトは家の中で簡単にできる(土壌式)水耕栽培の土としても使用されます。保水性と保肥性、通気性に優れる特徴が、水耕栽培に最適です。

 

 

次はこれを要チェック

その他の土の種類はこちらです。

ハーブや多肉植物の栽培のための土の詳細です。

herbs_soil succulents_soil

 

 

スポンサーリンク



 

 


参考文献を見る
画像@ Depositphotos.com/griffin024

 

コメントを残す