月と旧暦のカレンダー|月の満ち欠け、新月、満月、月星座、月齢などが分かる!

calendar

Moon & Nature Calendar

タイムレスエディションでは、月や星座、旧暦など、「こよみ」についての情報を沢山アップしています。自然のリズムに調和して過ごそうとするとき、そういった昔からの暦がとても役に立ちます。ここでは、月の満ち欠け、月星座、旧暦を網羅したオリジナルのカレンダーを紹介します。今日がどんな月の形か、満ちていく月の期間か、欠けていく月の期間か、月星座が何か、また旧暦ではどんな日なのか、などを知ることができます。日本の旧暦は月の動きも考慮されているので、月星座や月の満ち欠けとリンクしている部分が沢山あります。世界共通の月の動きと、日本の自然の移り変わりを一緒に感じることができます。先のカレンダーは随時アップ致します。

 

2016nov

 

2016dec

 

カレンダーの使い方

イメージはカレンダーの一部抜粋です。アイコンや説明を読み取って、今日はどんな日か、どのように過ごしたらいいかが分かるようになっています。詳細は下記のリンクを参照してください。

説明

※1・・・【月の満ち欠け】その日、月の満ち欠けがどのようになっているかを示しています。月の満ち欠けと過ごし方の詳細は、「月の満ち欠けと過ごし方」をご覧ください。

※2・・・【月星座】その日の月星座を示しています。月星座が移り変わるタイミングの日は、移り変わる時間を右に示しています。そのため、その前の時間帯は前日の月星座と同じになります。各月星座ごとの過ごし方に関しては、「月星座と過ごし方」をご覧ください。

アイコンの説明

icons

※3・・・【太陽星座】約1か月ごとに変化する太陽星座の移り変わりの日と時間を示しています。太陽星座の日にくる新月は、太陽星座と同じ星座の月になります。12星座に関しては「12星座の基本」を参考にして下さい。

※4・・・【満月・新月・半月】満月、新月、半月(上弦の月と下弦の月)に重なる日は、時間と一緒に示しています。満月と新月はそれらの月星座も一緒に示しています。特に、満月と新月はその月星座の特徴が強く現れます。各月星座ごとの過ごし方に関しては、「月星座と過ごし方」をご覧ください。また、満ち欠けに関しては、「月の満ち欠けと過ごし方」をご覧ください。

※5・・・【旧暦の日付】旧暦の日付を示しています。旧暦は1日が新月、15日が満月となります。旧暦の仕組みを理解するには「旧暦のこよみの仕組みを理解する」を参照ください。

※6・・・【二十四節気・七十二候・暦注】旧暦の二十四節気、七十二候、暦注を示しています。二十四節気は太陽星座が入れ替わる時と同じタイミングになることが多いです。七十二候は二十四節気を更に初候、次候、末候の3つに分けています。より日本の四季の移り変わりを感じることができます。二十四節気と七十二候の詳細については「二十四節気と七十二候」を参照ください。その他、旧暦には節句や雑節など、様々な暦注が用いられていて、そこからも季節の感覚がつかめます。代表的な暦注の詳細は「節句、雑節、暦注」を参照ください。

 

 

スポンサーリンク



 

 


 

コメントを残す