月星座が水瓶座のあなたの毎日の過ごし方|自然にいい運勢を引き寄せる

月星座と心の関係

月は私たちの内面に大きく影響しています。月星座の動きと、自分の月星座の関係を見ることで、より心にフォーカスした毎日を送ることができます。自分の本当の心の性質を理解し、それを引き出すために毎日の月星座をどのようにみたらいいかを解説しています。

毎日チェックするのは大変ですが、なぜか気持ちがすっきりしない、もやもやする、ネガティブになってしまいがち、逆になんでもうまくいくように気がする、など自分の気持ちの変化が特に気になるときに、その日の月星座と自分の月星座の関係を見てみると面白いです。日々の月星座の移り変わりは、発売中のMoon&Nature Diary もしくはオンラインで公開中のMoon&Nature Calendarをご覧ください。

自分の月星座を知りたい人は下記のリンクへ

 





 

月星座が水瓶座のあなた

月星座が水瓶座の人の心の奥は、常識を取っ払い、新しいものを生み出したいという思いがあります。そしてより良い社会を作りたいと思っています。太陽星座の影響で、一見安定志向に見えても、心の奥には改革精神を持ち合わせます。今まで当たり前にあった規則や習慣に沿った生活や集団行動は息苦しく感じてしまうので、一人で自由な生活が送れる環境に本能的に惹かれます。

このような月星座の特徴は、太陽星座の影響で埋もれてしまって、自分では気づいていない一面かもしれません。しかし、心の奥底には確実にあるものです。自分が心の奥で求めていることをどのように引き出したらいいか、どのように付き合っていったらいいか、心に対応する毎日の月星座との関係を見ていくことで気づきがあるでしょう。

 

月星座が水瓶座のあなたの毎日の過ごし方

月星座が牡羊座に位置するときは、あなたのアイディアを次のステップに移す時です。アイディアをそのままにしておくのではなく、形にしていきたいならこの時期に行動し始めましょう。
月星座が牡牛座に位置するときは、美や芸術、投資、財政などに関わります。そのようなジャンルで何か画期的なアイディアが見つかるかもしれません。
月星座が双子座に位置するときは、あなたの得意なひらめきが、周りの人や情報から得られやすいでしょう。集団行動があまり好きでないあなたも、この日は多くの人とコミュニケーションをとることに向いています。
月星座が蟹座に位置するときは、感受性が豊かになり、親しい人と一緒にいることが向いています。自分の感覚に正直に行動することで、なにかの発見があるかもしれません。
月星座が獅子座に位置するときは、アイデンティティに関わります。自分の中で何か変えたい部分があったり、今までの自分に手放したいものがあるときは、この時期に行動してみるのがいいでしょう。
月星座が乙女座に位置するときは、奉仕や仕事と関わります。もとから新しいことを考えることが得意なあなたにとって、困っている人への解決策を考えたり、仕事でアイディアを練ったりするには最適な日です。
月星座が天秤座に位置するときは、いつも人と違う、前と違うことを意識するあなたに、バランス感覚を与えてくれます。少し立ち止まって、広い視野から物事を見てみましょう。
月星座が蠍座に位置するときは、精神性や霊性に関わります。外の世界からではなく、自分の内側からの気づきやひらめきが期待できる日です。
月星座が射手座に位置するときは、物事の真理を見抜く力が高まります。いつも次々とひらめきがあるあなたですが、的を得た、説得力があり、深い意味のあるひらめきがあるかもしれません。
月星座が山羊座に位置するときは、保守的な傾向が強まるので、常識はずれなあなたの性質が抑えられます。ひらめきで行動するあなたが落ち着いて目標設定やスケジュール管理することにも向いています。
月星座が水瓶座に位置するときは、あなたの1カ月に1回の誕生日です。自分と自然の月星座が一致するので、心の奥にある欲求を一番素直に出しやすい日、そして本当の自分に気づきやすい日です。この日に心地よく過ごせることで続く1カ月もより快適に過ごせます。これからどんな新しいことをやっていくか、既存のものに対して必要な変化がないかを考えてみましょう。アイディアが次々振ってくるかもしれません。
月星座が魚座に位置するときは、感受性が高まります。瞑想などをして心を落ち着かせることで、また違ったインスピレーションがもたらされるかもしれません。

 

 

他の月星座を見たい場合はこちらへ

こちらの手帳で毎日の月星座が分かります。是非チェックしてみてください♪

 

 

次はこれを要チェック

calendar moonsign moonphases moonaroma signaroma 魚座

 

 

スポンサーリンク




 

 


 

 

Comments are closed.