月星座が双子座のあなたの毎日の過ごし方|自然にいい運勢を引き寄せる

月星座と心の関係

月は私たちの内面に大きく影響しています。月星座の動きと、自分の月星座の関係を見ることで、より心にフォーカスした毎日を送ることができます。自分の本当の心の性質を理解し、それを引き出すために毎日の月星座をどのようにみたらいいかを解説しています。

毎日チェックするのは大変ですが、なぜか気持ちがすっきりしない、もやもやする、ネガティブになってしまいがち、逆になんでもうまくいくように気がする、など自分の気持ちの変化が特に気になるときに、その日の月星座と自分の月星座の関係を見てみると面白いです。日々の月星座の移り変わりは、発売中のMoon&Nature Diary もしくはオンラインで公開中のMoon&Nature Calendarをご覧ください。

自分の月星座を知りたい人は下記のリンクへ

 





 

月星座が双子座のあなた

月星座が双子座の人の心の奥底には、好奇心が旺盛で、自分の興味の赴くままに飛び回りたいという欲求があります。太陽星座の影響で、社交的に見えなくても、本来は人と関わることが好きで、人を理解したり、思いを伝えることを大切にしたいと思う一面を持ちます。頭の回転が速く、理論的な思考をします。いろいろな外の世界と関わり、刺激をもらうことで心が満たされます。

このような月星座の特徴は、太陽星座の影響で埋もれてしまって、自分では気づいていない一面かもしれません。しかし、心の奥底には確実にあるものです。自分が心の奥で求めていることをどのように引き出したらいいか、どのように付き合っていったらいいか、心に対応する毎日の月星座との関係を見ていくことで気づきがあるでしょう。

 

月星座が双子座のあなたの毎日の過ごし方

月星座が牡羊座に位置するときは、次々と風のように変動するあなたの心に、強さや一貫性を持たせてくれる助けをしてくれます。あなたの好奇心から得た様々な情報をもとに、次に進む原動力を与えてくれます。
月星座が牡牛座に位置するときは、五感を使ったり、芸術や美に触れ合うことが向いています。そういったことを通じて人と触れ合うことで、よりあなたの良さが発揮できるようになるでしょう。
月星座が双子座に位置するときは、あなたの1カ月に1回の誕生日です。自分と自然の月星座が一致するので、心の奥にある欲求を一番素直に出しやすい日、そして本当の自分に気づきやすい日です。この日に心地よく過ごせることで続く1カ月もより快適に過ごせます。今興味あることに関して積極的に行動し、いろいろな人に会ってみてください。それが今後うまく進むためのきっかけになるかもしれません。
月星座が蟹座に位置するときは、あなたの社交的な一面が抑えられます。不特定多数の人ではなく、親しい人や家族と関わることが向いています。もしくはひとりでゆっくり自分と向き合うことにも向いています。
月星座が獅子座に位置するときは、表現することに関わります。いろいろなところから情報を得ることが得意なあなたですが、それらを自分から発信したり表現するようなことに向いています。
月星座が乙女座に位置するときは、美容や健康に関わります。そういったジャンルに関して、あなたの情報通の面を活かしてみてもいいかもしれません。
月星座が天秤座に位置するときは、人と関わることにより一層向いている日です。あなたは自分の赴くままに行動する人ですが、この日はより相手を理解しようとする力が増します。
月星座が蠍座に位置するときは、外交的なあなたのエネルギーが抑えられ、より内向的になります。外からの情報をどんどん取り込むより、一つのものに対して深く考えることが向いています。神秘的な物事にかんして関わることに向いています。
月星座が射手座に位置するときは、好奇心がより一層強くなります。どんどん行動していきましょう。そして得た情報や知識は、たくさんの人とシェアしていきましょう。
月星座が山羊座に位置するときは、仕事に関わります。あなたの社交性や情報網を仕事に活かしましょう。
月星座が水瓶座に位置するときは、あなたの論理的な思考がより強まります。そしてあなたの好奇心が新しいアイディアに結びつきやすい日でしょう。
月星座が魚座に位置するときは、人への共感力がアップします。人と関わることを大切にするあなたが、より一層相手の気持ちに敏感になり理解することができる日です。

 

 

他の月星座を見たい場合はこちらへ

こちらの手帳で毎日の月星座が分かります。是非チェックしてみてください♪

 

 

次はこれを要チェック

calendar moonsign moonphases moonaroma signaroma 魚座

 

 

スポンサーリンク




 

 


 

 

Comments are closed.