美容、料理、掃除に活躍!ハーブビネガー(ハーブ酢)の作り方|ハーブのレシピ

vineger

ハーブビネガー(ハーブ酢)とは

ハーブビネガーは、お酢にハーブを漬けこんで作ったビネガー(お酢)です。ハーブの香りと栄養分がプラスされ、ハーブとの相乗効果が期待できます。作り方がとっても簡単なのも魅力です。それにもかかわらず、食用はもちろん、美容や掃除など様々な場面で活躍するアイテムです。ここではハーブビネガーの作り方と使い方、目的別のハーブの例を紹介していきます。

目次

  1. ハーブビネガーの作り方
  2. ハーブビネガーの使い方
  3. 目的別のハーブの例と効能

 






 

ハーブビネガーの作り方

ingredients

約200ml分

  • アップルビネガー 200ml
  • ドライハーブ 約10~20g(フレッシュハーブは約100g)
  • 密閉できる瓶

ハーブの分量は目安です。酢にハーブが浸るくらい入れてください。

directions

  1. ハーブと酢を混ぜ、瓶に入れる。
  2. 2週間ほど常温で保存する。
  3. ハーブを取り除いて出来上がり。

※アップルビネガーは他の酢を代用しても大丈夫です。

 

ハーブビネガーの使い方

料理に

ハーブビネガーは主に料理に大活躍します。オイルを混ぜ、塩、コショウなどの調味料で味を調えるだけでドレッシングが作れます。また、マリネや肉料理、魚料理にもよく合います。

飲み物に

水や炭酸と割ればサワードリンクになります。好みでシロップやハチミツを加えた方が、より飲みやすくなります。

掃除に

お酢の成分である酢酸は酸性で、水あかや石けんかすなどのアルカリ性のお部屋の汚れ落としに最適です。ハーブビネガーを使うことで、ハーブの殺菌作用との相乗効果も得られます。水回りの掃除、消臭、黒カビの防止などが期待できます。その際は、甘み分の強いアップルビネガー等の果物酢の使用は不向きです。甘みが少なく、ツンとする匂いも少ない「ホワイトビネガー」でハーブビネガーを作ることがおすすめです。香りを楽しみたい場合は、精油をプラスしてもいいです。詳しい作り方や使い方、効果は下記をご覧ください。

allpurpose_spray

ヘアケアに

ハーブビネガーは天然成分にこだわったリンスとして使用することもできます。リンスには、アルカリ性のシャンプーで髪の毛を洗った後に、酸性で中和させる働きがあります。ハーブビネガーをその代わりに利用することができます。髪にいいハーブを利用すれば相乗効果が期待できます。精油をプラスするのもおすすめです。

 

ハーブビネガーに使うハーブの例と効能

ハーブは一種類でも、数種類混ぜてもどちらでもうまくいきます。

さっぱりドレッシングに ペパーミントローズマリーなど
料理に幅広く ローズマリーディルセージなど
ヘアケアに ローズマリーなど
掃除に タイムペパーミントなど
飲み物に ローズヒップハイビスカスなど

 

 

 

次はこれを要チェック

vegetableoils herbs symptom herds_advanced1

 

 

スポンサーリンク



 

 


参考文献を見る
画像@ Depositphotos.com/tashka2000

 

コメントを残す