クローブリーフの効果効能|精油・アロマオイル・エッセンシャルオイル紹介

cloves

クローブリーフ精油

目次

  1. キーワード&データ
  2. ストーリー
  3. 植物の特徴
  4. クローブリーフの効果効能 ―心・体・肌―
  5. おすすめ使い方
  6. 精油のブレンド

 






 

キーワード&データ

困難を乗り越える

 

名前 クローブリーフ、Clove Leaf
学名
  • Eugenia caryophyllata
  • Syzygium aromaticum
科名 フトモモ科
抽出部位
抽出方法 水蒸気蒸留法
ノート ミドルノート
注意事項 刺激強、幼児には避ける、妊娠中・授乳中・生理中は避ける
香り 【スパイス系】スパイシーな香りの中に少し甘味のある香り。クローブバッドより優しい
主な成分 【フェノール類】オイゲノール、β-カリオフィレン、酢酸オイゲニルなど
陰陽
四大元素 土・火

関連記事まとめ: #クローブ

 

ストーリー

一般的にクローブというと、蕾から抽出されるクローブバッドを指しますが、葉から抽出されるクローブリーフもあります。主に歯科用の薬剤や香水、コスメ、香料として使われ、あまりアロマセラピーでは使用しません。フェノール類のオノイゲール含有量がクローブバッドよりも多く、大半を占めるので、使用に注意が必要です。

 

植物の特徴

クローブは、樹高10~15m程になる、常緑の中高木です。100年近く生きる植物です。ピンク色の花を年に2回咲かせます。精油は開花前のまだ緑色の蕾を取り、乾燥させて作られます。

 

クローブリーフの効果効能

心への効能

感情や思考をクリアにしてくれます。記憶力や集中力アップになります。温め、気持ちをかきたて、困難に直面しても、可能性を信じる力を与えてくれます。

体への効能

鎮静、消毒、防虫作用に優れた精油です。筋肉痛やリウマチ、関節炎、捻挫、疝痛に有効です。気管支炎や喘息といった呼吸器系の不調や、消化不良や吐き気のような消化器系不調にも働きかけます。風邪やインフルエンザ、感染症にもいいです。

 

皮膚への効能

ニキビ、打ち身、火傷、傷、潰瘍といった肌のトラブルに効きます。虫よけにも有効です。熱く刺激が強い精油なので、使用には注意が必要です。

 

体への効能
  • 鎮痛作用
  • 抗菌作用
  • 芯抗菌作用
  • 抗感染作用
  • 抗ウイルス作用
  • 免疫向上作用
  • 強壮作用
  • 抗血栓作用
  • 免疫刺激作用
  • 抗ヒスタミン作用
その他
  • 防虫作用

effects10effects

 

おススメ使い方

芳香浴、沐浴、ボディー・ハンドケア、ヘアケア、スキンケア、クリーム、フレグランス、ホームケア、ハウスキーピング

aroma_recipes

 

精油のブレンド

香りの相性がいいブレンド

ハーブ系、柑橘系、スパイス系の香りと相性がいいです。

blend_point ブレンド

機能性ブレンド

blend1

 

 

 

次はこれを要チェック

essentialoils herbs floralwater vegetableoils

 

 

 

スポンサーリンク



 

 


注意点&免責事項:アロマセラピーは医療ではありません。ここに掲載されている内容は、精油の効果効能、心身の不調改善を保証するものではありません。事故やトラブルに関してこのサイトは責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご使用をお願いいたします。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談することをお勧めいたします。
参考文献を見る
画像@ Depositphotos.com/Valentyn_Volkov

コメントを残す