オレンジフラワー・アブソリュートの効果効能|精油・アロマオイル・エッセンシャルオイル紹介

orangeblossom

オレンジフラワー精油  

目次

  1. キーワード&データ
  2. ストーリー
  3. 植物の特徴
  4. オレンジフラワーの効果効能 ―心・体・肌―
  5. おすすめ使い方
  6. 精油のブレンド

 






 

キーワード&データ

落ち着き、安心

 

名前 オレンジフラワー、オレンジブロッサム、ネロリアブソリュート、Orange Flower
学名 Citrus aurantium
科名 ミカン科
抽出部位
抽出方法 溶剤抽出法
ノート ミドルノート
注意事項 特になし
香り 【フローラル系】ネロリよりさらに深くリッチなフローラルの香り
主な成分 【モノテルペンアルコール類】リナロール、酢酸リナリル、リモネン、アンスラニル酸メチル、インドールなど
陰陽 陰陽
チャクラ 第8チャクラ、第1,4,7チャクラ
マゼンタ、ピンク、パープル
星座 水瓶座
天体 太陽
四大元素 風・火
ジェムストーン ハーキマーダイヤモンド

関連記事まとめ: #オレンジ#ネロリ

 

ストーリー

ビターオレンジの木から、沢山の香りが抽出されます。ビターオレンジの枝と葉からはプチグレン、果皮からはビターオレンジの精油が取れます。また、オレンジフラワーアブソリュートはビターオレンジの花から溶剤抽出法で抽出されますが、水蒸気蒸留で抽出されたものをネロリと言います。

 

植物の特徴

ビターオレンジはミカン属の常緑樹で、インド、ヒマラヤが原産です。そこから日本や中国、ヨーロッパへと広がりました。ヨーロッパではビターオレンジと呼ばれ、日本ではダイダイと呼ばれています。栽培に時間がかかり、4年後くらいからでないと花を咲かせません。

 

オレンジフラワーアブソリュートの効果効能

心への効能

ネロリと同じように、心の鎮静作用があります。グラウンディングさせると同時に、スピリチュアルへのつながりが主な作用です。ネロリよりさらに深く濃厚な香りは、フレグランスや芳香浴に使用し、心を落ち着かせることに向いています。

体への効能

ネロリと同じように、興奮と鎮静のバランスを取ってくれます。神経の高揚からくる不眠症や高血圧、動悸を落ち着かせ、一方で鬱や不安、緊張などを和らげます。

皮膚への効能

創傷治癒や瘢痕形成に優れます。保湿作用に優れ、成熟肌にもぴったりです。

 

体への効能
  • 血圧降下作用
  • 抗うつ作用
  • 抗炎症作用
  • 抗不安作用
  • 神経強壮作用
  • 鎮静作用
  • 鎮痛作用
  • 抗菌作用
  • 抗真菌作用
  • 抗ウイルス作用
  • 免疫向上作用
  • 安眠作用
肌への効能
  • 創傷治癒作用
  • 瘢痕形成作用

effects10effects

 

おススメ使い方

芳香浴、沐浴、フレグランス

aroma_recipes

 

精油のブレンド

香りの相性がいいブレンド

blend_point ブレンド

機能性ブレンド

blend1

 

 

 

次はこれを要チェック

essentialoils herbs floralwater vegetableoils

 

 

 

スポンサーリンク



 

 


注意点&免責事項:アロマセラピーは医療ではありません。ここに掲載されている内容は、精油の効果効能、心身の不調改善を保証するものではありません。事故やトラブルに関してこのサイトは責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご使用をお願いいたします。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談することをお勧めいたします。
参考文献を見る
画像@ Depositphotos.com/lunamarina

コメントを残す