ガランガルの効果効能|精油・アロマオイル・エッセンシャルオイル紹介

galangal

ガランガル精油

目次

  1. キーワード&データ
  2. ストーリー
  3. 植物の特徴
  4. ガランガルの効果効能 ―心・体・肌―
  5. おすすめ使い方
  6. 精油のブレンド

 






 

キーワード&データ

楽観、幸福感

 

名前 ガランガル、大ガランガル(Greater galangal)、シャムジンジャー、Galangal
学名 Alpinia galanga
科名 ショウガ科
抽出部位 根茎
抽出方法 水蒸気蒸留法
ノート ミドルノート
注意事項 刺激強
香り 【スパイス系】ジンジャーに似た甘くスパイシーな香り
主な成分 【酸化物類】1,8-シネオール、β-ピネン、α-ピネン、カンフェン、リモネン、ミルセン、テルピネン-4-オール、α-テルピネオール、酢酸フェンキル、ケイ皮酸メチル、ファルネソール、オイゲノール
チャクラ 第1,3,5チャクラ
赤・黄・青
星座 牡羊座、蠍座
天体 火星
ジェムストーン パイライト、ハニーカルサイト

関連記事まとめ: #ガランガル

 

ストーリー

インドネシアやタイ料理のよく使われる、ジンジャーに似た植物です。シャムジンジャーやインディアンジンジャーなどと呼ばれます。とても堅いので、スライスしたりパウダー状にして使われます。

 

植物の特徴

ガランガルはショウガ科で、草丈2m程になります。刀のような葉と先端が赤くなった白っぽい花を咲かせます。料理や精油にはこの根茎部分を使用します。

 

ガランガルの効果効能

心への効能

悲観的でまじめすぎる心を温め、楽観的にさせてくれます。幸福感を与えてくれます。

体への効能

血液の循環を良くし、冷えの解消につながります。筋肉痛やリウマチなどに効き、疲労回復を助けます。

皮膚への効能

皮膚の感染症や瘢痕形成に有効です。刺激が強いので、使用する際は低濃度で、注意が必要です。

体への効能
  • 引赤作用
  • 健胃作用
  • 抗カタル作用
  • 抗感染作用
  • 刺激作用
  • 鎮痙作用
  • 鎮痛作用
  • 抗炎症作用
  • 防腐作用
  • 催淫作用
  • 利尿作用
  • 去痰作用
  • 血圧降下作用
  • 強壮作用
  • 健胃作用
  • 覚醒作用
  • 強壮作用
  • 月経促進作用
肌への効能
  • 瘢痕形成作用
  • 抗炎症作用

effects10effects

 

おススメ使い方

芳香浴、スキンケア、クリーム、ホームケア

aroma_recipes

 

精油のブレンド

香りの相性がいいブレンド

blend_point ブレンド

機能性ブレンド

blend1

 

 

 

次はこれを要チェック

essentialoils herbs floralwater vegetableoils

 

 

 

スポンサーリンク



 

 


注意点&免責事項:アロマセラピーは医療ではありません。ここに掲載されている内容は、精油の効果効能、心身の不調改善を保証するものではありません。事故やトラブルに関してこのサイトは責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご使用をお願いいたします。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談することをお勧めいたします。
参考文献を見る
画像@ Depositphotos.com/ribeiroantonio

コメントを残す