ガルバナムの効果効能|精油・アロマオイル・エッセンシャルオイル紹介

galbanum

ガルバナム精油

目次

  1. キーワード&データ
  2. ストーリー
  3. 植物の特徴
  4. ガルバナムの効果効能 ―心・体・肌―
  5. おすすめ使い方
  6. 精油のブレンド
  7. アーユルヴェーダからみた性質

 






 

キーワード&データ

リラックス、鎮静

 

名前 ガルバナム、楓子香(ふうしこう)、Galbanum
学名 Ferula gummosa
科名 セリ科
抽出部位 根茎部のレジン
抽出方法 水蒸気蒸留法
ノート ミドルノート
注意事項 特になし
香り 【オリエンタル系】とても深いグリーン調でバルサミックなこうすい香り
主な成分 【モノテルペン炭化水素類】β-ピネン、δ-3-カレン、α-ピネン、リモネン、β-フェランドレン、ミルセン、cis-β-オシメンなど
陰陽
チャクラ 第5,6チャクラ
星座 蠍座、山羊座
天体 冥王星、土星
ジェムストーン スピネル、レインボーオブシディアン

関連記事まとめ: #ガルバナム

 

ストーリー

旧約聖書に出てくるとても古い香りの一つです。旧約聖書ではフランキンセンスと一緒に混ぜて使われたことが書いてあります。古代エジプトではミイラの防腐剤として使用されていました。現在は香水用の香料として、オリエンタル系の保留剤に欠かせない香りです。

 

植物の特徴

ガルバナムと同じセリ科のオオウイキョウ属の植物は20種類ほどあると言われ、混同されがちなので注意が必要です。ガルバナムは多年草で、4年目に、大きく育った根茎に切り込みを入れ、そこから出てくるレジンを1~4週間ほど集めます。一つの根でそれを3回ほど繰り返し、一本の植物から20g程のレジンが取れます。

 

ガルバナムの効果効能

心への効能

ガルバナムの香りは、心のバランスを保ちたい時、強烈な感情を抑えきれない時にいいと言われています。

体への効能

体の循環を促進し、痛みの軽減や筋肉の痛みを緩和させます。特にマッサージオイルに使うと有効です。喘息、気管支炎、カタル、咳といった呼吸器系の不調に効果的です。消化不良や鼓脹にも効きます。更年期やPMSにも有効です。

皮膚への効能

老化肌を若返らせ、たるみやしわの気になる部分に効果的です。ストレッチマークや傷痕を改善する働きがあります。

 

体への効能
  • 強壮作用
  • 去痰作用
  • 解毒作用
  • 抗感染作用
  • 鎮痙作用
  • 鎮静作用
  • 鎮痛作用
  • 通経作用
肌への効能
  • シワ・たるみの改善
  • 瘢痕形成作用

effects10effects

 

おススメ使い方

芳香浴、沐浴、ボディー・ハンドケア、スキンケア、クリーム、フレグランス、ホームケア

aroma_recipes

 

精油のブレンド

香りの相性がいいブレンド

blend_point ブレンド

機能性ブレンド

blend1

 

アーユルヴェーダからみた性質

ドーシャ  V P Kのバランスをとる
エネルギー(熱性) 冷却
エネルギー(湿度) 乾燥性

check_dosha dosha ayurveda0

 

 

 

次はこれを要チェック

essentialoils herbs floralwater vegetableoils

 

 

 

スポンサーリンク



 

 


注意点&免責事項:アロマセラピーは医療ではありません。ここに掲載されている内容は、精油の効果効能、心身の不調改善を保証するものではありません。事故やトラブルに関してこのサイトは責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご使用をお願いいたします。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談することをお勧めいたします。
参考文献を見る
画像@ Depositphotos.com/shico3000

コメントを残す