ハーブの禁忌事項まとめ|妊娠中や疾患などの注意点

attention

ハーブの禁忌事項

ハーブの使用に関する禁忌事項は、文献によってばらつきがあります。天然のものなので、育った地域や季節によって変わる可能性があります。肌への使用の際はパッチテストを行い、疾患のある方、妊娠中や子供がいる場合は医師や専門家に相談することをおすすめします。また、薬と併用すると、ハーブの成分が薬の効果を弱めてしまったり、組み合わせの相性が良くないこともあります。薬との併用に関しても、医師や専門家にご相談ください。ここで紹介している内容は、すべての禁忌事項を網羅しているものではありません。あくまでも参考としてご利用ください。

 






 

禁忌事項

一般的に多い禁忌事項を紹介しています。その他、さらに詳細が必要な場合は、個々のハーブの紹介ページをご覧ください。

 

妊娠中に注意すべきハーブ

アグリモニーアシュワガンダアニスシードアンジェリカエルダーフラワーキャットニップゴツゴーラコルツフットサフラワーサフランシナモンジュニパーセージセントジョーンズワートソウパルメットタイムターメリックチェストツリーバジルバードックバーベインバレリアンヒソップフィーバーユーブラックコホシュフェヌグリークフェンネルマジョラムマテヤロウラズベリーリーフリコリスレッドクローバーレディースマントルローズマリー

 

授乳中に注意すべきハーブ

コルツフットジュニパーセントジョーンズワートソウパルメットタイムバジルフィーバーユーブラックコホシュボリジマジョラムマテリコリス

 

幼児が注意すべきハーブ

アシュワガンダアルファルファアンジェリカイエロードックルートキャットニップギンコウコーンシルクシェパーズパースソウパルメットチェストツリーチコリバジルバードックバーベインバレリアンフィーバーユーフェンネルペパーミントホーステールホップマジョラムマテメドウスイートレッドクローバー

 

キク科アレルギーの人が注意すべきハーブ

アーティチョークエキナセアカモミールジャーマンカレンデュラコルツフットサフラワーステビアダンデライオンチコリバードックフィーバーユーマレインヤロウ

 

多量の飲用を注意すべきハーブ

ゴツゴーラサフランセージタイムヒソップヤロウユーカリ

 

長期連続の飲用を注意すべきハーブ

エキナセアコルツフットシナモンジュニパーセージセントジョーンズワートタイムバーベインブラックコホシュホーステールボリジマテユーカリローズヒップローズマリー

 

高血圧の人が注意すべきハーブ

タイムバーベインヒソップリコリスローズマリー

 

肝臓疾患を持つ人が注意すべきハーブ

ターメリックブラックコホシュユーカリリコリス

 

婦人科系の疾患を持つ人が注意すべきハーブ

フェンネルブラックコホシュ

 

 

次はこれを要チェック

ハーブ一覧 症状別ハーブ gardening 禁忌

 

 

スポンサーリンク



 

 


注意点&免責事項:ここに掲載されている内容は、ハーブの治療や薬としての有効性を保証するものではありません。事故やトラブルに関してこのサイトは責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご使用をお願いいたします。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談することをお勧めいたします。
参考文献をみる
@Depositphotos.com/yurizap

コメントを残す