インフューズドオイル(ハーブオイル・浸出油)の作り方

infusedoil

インフューズドオイル(ハーブオイル・浸出油)

ハーブには様々な利用方法があります。一番一般的なものは、ハーブティーとして飲用すること。その他にも、ハーブの成分を抽出して、スキンケアやホームケア、料理などに使用できます。その際に、効率よくハーブの有効成分を抽出するための方法の一つにインフューズドオイルがあります。

目次

  1. インフューズドオイルとは
  2. インフューズドオイルの作り方
  3. インフューズドオイルの使い方とおススメハーブ

 






 

インフューズドオイル(ハーブオイル・浸出油)とは

インフューズドオイルは、ハーブをオイルに漬けて成分を抽出したものです。浸出油、ハーブオイルとも言われます。マッサージオイルをはじめとしたスキンケアやホームケア、香りづけとしての調味料に使用できます。お湯で抽出するハーブティーでは抽出されないハーブの脂溶性成分を、オイルに漬けることで効率よく抽出することができます。

 

インフューズドオイルの作り方

浸出油の作り方には、温めて抽出する温浸法と、温めずに抽出する冷浸法があります。

温浸法

根・果実・茎などの硬いものから抽出する場合に向いています。

ingredients

100ml分

  • なべ
  • 水適量(湯煎用)
  • 耐熱ボール
  • 計量器
  • 保存用容器
  • 植物オイル100ml
  • ハーブ10g

directions

  1. 鍋に水を入れ沸騰させる。
  2. 耐熱用のボールに植物油とハーブを入れる。
  3. 鍋の火を弱火にしに②を湯銭にかける。
  4. かきまぜながら30分以上湯煎する。
  5. ハーブを取り除き、保存用の容器に移す。

 

冷浸法

花や葉などの繊細な部分から抽出する場合に向いています。温めないので、熱に弱い成分も破壊されずにオイルに残ります。

ingredients

100ml分

  • 計量器
  • 保存用密閉容器
  • 植物オイル100ml
  • ハーブ10g

directions

  1. 密閉容器に植物油とハーブを入れる。
  2. フタをして2~3週間置く。毎日容器を良く振る。
  3. ハーブを取り除いて、保存用の容器に移す。

 

 

インフューズドオイルの使い方とおすすめハーブ

マッサージオイル

キャリアオイルでインフューズドオイルを作ることで、マッサージオイルとしてそのまま使用できます。オイルは自分の肌質に合ったものを選びます。分からない場合はホホバオイルが使いやすいです。

おすすめハーブ

好みのハーブや自分の不調に合ったハーブ

 

肌の保湿に

肌には保湿効果が抜群です。乾燥によるニキビや肌荒れにお悩みの方は、数滴~小さじ1程の量から肌に使用してみてください。

おすすめハーブ

カモミールジャーマンカレンデュラローズヒップ

 

火傷や炎症に

炎症を抑える作用をもつハーブを使用することで、消炎効果が期待できます。肌荒れをして炎症してしまっている場合や火傷、日焼け後の肌に使えます。

おすすめハーブ

クリバーズセントジョーンズワートネトル

 

調味料として

食用の植物オイルでインフューズドオイルを作ることで、ハーブの香りがついた調味料として使用できます。オイルはクセの比較的少ないオリーブオイルを使用することが多いです。

おすすめハーブ

タイムバジルローズマリー

 

 

 

次はこれを要チェック

vegetableoils herbs symptom herds_advanced1

 

 

スポンサーリンク



 

 


@Depositphotos.com/HeikeRau

コメントを残す