オリーブの効果効能|ハーブティー・メディカルハーブ・スパイス事典

olive

オリーブの効果効能

目次

  1. キーワード&データ
  2. 特徴
  3. 有効成分
  4. 注意事項・禁忌
  5. オリーブの使い方

 






 

キーワード&データ

キーワード:生活習慣病予防に

名前 オリーブ、olive
和名 かんらん(橄欖)
学名・読み方 Olea europaea [オレア・エウロパエア]
科名 モクセイ科
使用部位
ジェンダー 男性
惑星 太陽
四大元素

関連記事まとめ: #オリーブ

 

特徴

オリーブは北アフリカが原産のモクセイ科の常緑高木です。ヨーロッパ原産とも言われますが、それより前の第四氷河期の頃には、北アフリカにオリーブの森林地帯があったと言われています。古くから神話や宗教の中で様々なシンボルとされてきたオリーブは、4000年以上の歴史があります。

スピリチュアルなストーリー

オリーブは多くの神話に登場します。ギリシャ神話では平和の女神イレーネ、エジプト神話の太陽神ラーをはじめとして様々な神と結びつけられています。古くからオリーブオイルは「聖油」として、ヒーリングに使われました。葉を部屋にまくと穏やかな雰囲気になったり、子宝に恵まれるためにオリーブで冠を作ったり、悪霊から家を守るためにドアに枝を吊るしたりしました。

オリーブの効果効能

オリーブの葉は古くから血圧や血糖値を下げるために利用されてきました。外用では火傷や妊娠線の予防に使われます。オレユーロペンという苦味の成分に優れた抗菌・抗ウイルス作用があることがわかり、インフルエンザやヘルペスにも使用されるようになりました。「自然の抗生物質」とも呼ばれています。 肝炎や耳の感染症を緩和させるとも言われています。血圧降下作用や尿酸値を下げる働きもあります。

作用

  • 抗酸化作用
  • 利尿作用
  • 抗菌作用
  • 抗ウイルス作用
  • 血圧降下作用

適応

  • 生活習慣病
  • 高血圧
  • 動脈硬化
  • 糖尿病
  • インフルエンザ
  • ヘルペス

effects

 

有効成分

フラボノイド配糖体(ルチン、ヘスペリジン)、フラボノイド(ルテオリン)、セコイリドイド配糖体(オレユーロペン)、ビタミンEなど

 

注意事項・禁忌

血圧降下剤服用中の人、低血圧の人は避ける。

 

オリーブの使い方

ティーの飲み方

小さじ2を5分煮出し、5分蒸らす。

ハーブティー入れ方

 

症状別ハーブの使い方

高血圧の症状向けハーブブレンド

オリーブ、リンデン

symptom

 

おすすめの使い方

ハーブティー、料理

herds_advanced1

 

 

 

次はこれを要チェック

herbsgardening  essentialoils vegetableoils floralwater

 

 

スポンサーリンク



 

 


注意点&免責事項:ここに掲載されている内容は、植物の治療や薬としての有効性を保証するものではありません。日々進化していく全ての情報を網羅しきれていない場合もございます。事故やトラブルに関してこのサイトは責任を負いかねますので、あくまでも自己責任にてご利用ください。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様に使用する場合や、その他使用に不安のある方は、専門家や専門医に相談してください。
参考文献をみる
@Depositphotos.com/ diverroy

コメントを残す